規制の枠内に収まるコインベースとサークル、規制環境改善の証か

規制の枠内に収まるコインベースとサークル、規制環境改善の証か

-米国SEC、規制の不確実性を解消…企業は事業体制整備本格化

米国の仮想通貨取引所コインベースとゴールドマン・サックスが出資した仮想通貨のスタートアップ企業サークルが、政府が定めた規制の枠組の中で事業を本格化しようという動きを見せている。

これに際し、ファンド・ストラット最高経営者(CEO)のトム・リー氏は両社の最近の動きについて「規制問題が順調に解消されている証」とし、「これはビットコインに好材料だ」と評した。

7日(現地時間)、米国経済チャンネルCNBCによれば、同氏は「コインベースとサークルの動きは規制環境が改善されつつあるという証拠だ」とし、「そうでなければ両社が敢えて自ら規制を受けようとはしなかったはず」と話した。

また「規制リスクに対する認識が良くなっていないなら、両社がこの様な動きに出るはずがない」とし、「両社の動きは規制環境が変わりつつあるという事実を暗黙の内に認めたと考えられる」と付け加えた。

リー氏を始めとした業界関係者らは規制の不確実性が仮想通貨の需要を抑え、機関投資家の市場参加に障害となっていると主張してきた。

前日、コインベースは米国証券取引委員会(SEC)の規制を受ける証券仲介社になるため、証券会社のキーストーン・キャピタルを買収することを明らかにした。キーストーン・キャピタルは米国金融産業規制協会(FINRA)に正式登録された企業だ。

コインベース関係者は「承認が下りればコインベースはSECの監督下でブロックチェーン基盤の証券を提供する資格を持つことになる」と、「証券仲介社ライセンスの取得により、より一層飛躍する事が出来る」との考えを明らかにした。

ゴールドマン・サックスが出資した仮想通貨スタートアップ企業サークルは連邦銀行業のライセンスを取得し、証券取引所として登録する案について米SECと協議中だ。

計画通りに成された場合、サークルは米国で証券として取り扱われるトークンを取引出来るだけでなく、全50州の規制当局に仮想通貨の企業として登録しなければならない煩雑さからも解放される。

この日のビットコインの価格は7600ドルラインを維持した。コインデスクによれば午後7時59分時点のビットコインは24時間前より0.8%上げた7683.51ドルで取引されている。

翻訳︰水野卓

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る