韓国検察、チョ・グク前法相の妻の逮捕状請求… 証拠隠滅を憂慮

韓国検察、チョ・グク前法相の妻の逮捕状請求… 証拠隠滅を憂慮

チョ・グク前法相(54)と家族の疑惑を捜査している韓国検察が21日、チョ前法相の妻、チョン・ギョンシム韓国東洋大教授(57)に対して逮捕状を請求した。

ソウル中央地検特捜2部は同日、チョン教授に対し業務妨害、偽計公務執行妨害、私文書の偽造、横領、資本市場法違反、犯罪収益の隠匿法違反など疑いで逮捕状を請求したと明らかにした。

検察は、チョン教授の健康状態を考慮し身柄拘束を決定する計画だったが、チョン教授の証拠隠滅の可能性がまだ残っていると判断し、逮捕状の請求を決めったという。チョン教授側は脳梗塞、脳腫瘍判定を受けたと主張している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »