韓国検察、チョ・グク前法相の妻の逮捕状請求… 証拠隠滅を憂慮

韓国検察、チョ・グク前法相の妻の逮捕状請求… 証拠隠滅を憂慮

チョ・グク前法相(54)と家族の疑惑を捜査している韓国検察が21日、チョ前法相の妻、チョン・ギョンシム韓国東洋大教授(57)に対して逮捕状を請求した。

ソウル中央地検特捜2部は同日、チョン教授に対し業務妨害、偽計公務執行妨害、私文書の偽造、横領、資本市場法違反、犯罪収益の隠匿法違反など疑いで逮捕状を請求したと明らかにした。

検察は、チョン教授の健康状態を考慮し身柄拘束を決定する計画だったが、チョン教授の証拠隠滅の可能性がまだ残っていると判断し、逮捕状の請求を決めったという。チョン教授側は脳梗塞、脳腫瘍判定を受けたと主張している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  2. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  3. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  4. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…
  5. 2017年に記録的なバブル崩壊を経験した仮想通貨ビットコイン(BTC)が現地時間16日、史上初めて…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »