韓国外相、「韓日の隔たりはかなり大きな状況」

韓国の康京和外相は24日、ソウル外交部庁舎で開かれた記者会見で日韓関係について「外交当局間のレベルで様々な協議が行われており、これによりお互いの理解を深めているが、両国間の隔たりはまだかなり大きいのが今の状況」と述べた。

韓国裁判所の徴用工判決については「強制徴用裁判の本質は、韓国側の原告である強制動員被害者が日本企業に対して提起した民事訴訟の結果であり、政府がこの判決を尊重することは、この判決が履行されなければならないという立場を代弁したもの」とし「このような基本的な前提に応じて、この問題に対応している」と述べた。

日本の輸出管理強化に関しては「輸出規制について外交部として、政府の立場である“撤回されなければならない”ということを日本側に継続的に発信しており、(韓国政府が徴用工判決問題を解決するために)政府が日本に提案した“1+1案”も含めて様々な案の協議を進めている」と明らかにした。

軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても言及した。康外相は「基本的に日本の不当な輸出規制により触発された問題で、私たちの立場は、日本がその措置を撤回することで信頼が回復され、友好の雰囲気が造成されるとのことだ」としつつ「今のところ、協議対象ではない」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米中の第一段階の貿易交渉が合意に到達した中、実際の履行過程における難関が少なからず予想される。…
  2. 日韓貿易当局が16日、東京で日本政府の輸出規制をめぐり、局長級政策対話を開いた。5か月前の課長級対話…
  3. 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が16日、韓国外交部のイ・ドフン韓半島平和交渉本部長と会談した。同席…
  4. 世界最大の証券会社であるバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが、過去10年間で最高の収益率を見せた資…
  5. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る