韓国外相、「韓日の隔たりはかなり大きな状況」

韓国の康京和外相は24日、ソウル外交部庁舎で開かれた記者会見で日韓関係について「外交当局間のレベルで様々な協議が行われており、これによりお互いの理解を深めているが、両国間の隔たりはまだかなり大きいのが今の状況」と述べた。

韓国裁判所の徴用工判決については「強制徴用裁判の本質は、韓国側の原告である強制動員被害者が日本企業に対して提起した民事訴訟の結果であり、政府がこの判決を尊重することは、この判決が履行されなければならないという立場を代弁したもの」とし「このような基本的な前提に応じて、この問題に対応している」と述べた。

日本の輸出管理強化に関しては「輸出規制について外交部として、政府の立場である“撤回されなければならない”ということを日本側に継続的に発信しており、(韓国政府が徴用工判決問題を解決するために)政府が日本に提案した“1+1案”も含めて様々な案の協議を進めている」と明らかにした。

軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても言及した。康外相は「基本的に日本の不当な輸出規制により触発された問題で、私たちの立場は、日本がその措置を撤回することで信頼が回復され、友好の雰囲気が造成されるとのことだ」としつつ「今のところ、協議対象ではない」と強調した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »