日韓首脳、「関係改善」強調するも懸案認識には温度差

写真は韓国大統領府ホームページから

15ヶ月ぶりに実現した日韓首脳会談で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日本の安倍晋三首相は徴用工判決と対韓輸出規制強化などで悪化した両国間の関係改善の必要性については共感した。長期間の「崖っぷち対立」が、最終的に両国ともに深刻な打撃をもたらすという判断からだ。しかし、深くなった溝を埋めるには、解決しなければならない難題が多く、関係正常化まではまだ時間がかかるようだ。

■日韓首脳「関係改善のために率直な意見交換」

24日、日韓首脳会談で文大統領と安倍首相は、過去5ヶ月間の葛藤局面を意識し「率直な対話」と「率直な意見交換」を強調した。

文大統領は「両国間の懸案を解決するには、直接会って率直な対話を交わすことが最も大事だと思う」とし「(韓国と日本は)決して離れることができない関係」と関係改善の必要性を強調した。

安倍首相は「私としては重要な日韓関係を改善したいと考えており、今日は率直に意見交換したい」と関係改善の意志を表明した。

■「政治的決断」まではまだ

しかし深くなった溝が一回だけの会談で埋められることは難しいと専門家らは見ている。輸出規制と徴用工判決の問題もまだ解決策を模索し始めた段階だ。

韓神大のハ・ジョンムン教授は「重要な部分ではまだ入り口さえ見つからない状況」とし「今回の首脳会談は、結果を出すことより、引き続けて対話をしていく端緒にしなければならない」と述べた。

懸案への見解の違いは、同日午前開かれた日韓外相会談でも確認できた。韓国の康京和(カンギョンファ)外相は、最終的に日本の輸出規制措置が早急に撤回されなければならないという点を強調し、茂木外務大臣は1965年の日韓請求権協定で徴用工問題は解決済みという立場を堅持した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »