韓国総選挙で与党圧勝…勝利の背景は新型コロナ対応

韓国の21代国会議員総選挙は政権与党の「共に民主党」などが過半数を大きく上回る180議席を確保して圧勝した。与党の「共に民主党」が地域選挙区だけで全議席の過半数を超える大勝となった。

韓国選挙管理委員会によると16日午前10時現在(全国開票率99.98%)、全国253の選挙区の内、民主党が163選挙区で当選者を輩出した。第一野党の「未来統合党」は84選挙区に留まった。

比例代表では与党系の「共に市民党」が17議席、「開かれた民主党」が3議席を確保するとみられ、親与党系を合わせると全議席の60%を超す183議席に達するとみられる。

民主党が圧勝出来た要因は、中道層の比重が高い首都圏と韓国中部の忠清圏で勝利した事が上げられる。韓国メディアは総選挙を前に起こった新型コロナウイルス感染症問題が与党圧勝のきっかけになったとの分析だ。新型コロナウイルスに対する韓国政府の対応が徐々に効果を見せ始めた事で韓国国民に安心感を与え、全世界が韓国の防疫対策を称賛した事が大きく選挙結果に働いたとみられる。この影響で文在寅大統領の支持率も最近急激に上昇している。

一方、文在寅大統領は政権与党の「共に民主党」が単独過半数を占めた事で、下半期の国政運営に強い味方を得た事になる。韓国国民が「安定」を選択して文在寅大統領を信任しただけに、これまで進めて来た各種政策や改革作業に弾みがつくとみられる。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が日本の輸出規制強化措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開すると発表した…
  2. 新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全…
  3. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  4. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  5. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »