「重体説」金正恩氏、また名前のみ登場…12日間公的な活動無し

-労働新聞「金委員長、シリア大統領に礼状」

手術後の重体説が浮上した北朝鮮の金正恩国務委員長の状態は依然として不明のままだ。国内外で重体説が取り上げられ、実妹の金与正氏の後継説まで取り沙汰されているが、北朝鮮の政府当局やメディアからは、これを否定する声明や公的な活動は発表されないでいる。

北朝鮮の労働新聞は23日、金正恩氏が故・金日成主席の誕生日となる4月15日の太陽節に記念祝電を送ったシリアのバッシャール・アル=アサド大統領に対し、礼状を送ったと報じた。礼状はアル=アサド大統領が心のこもった祝電を送ってくれた事に対して謝意を表し、両国の関係がより強化、発展する事を確信しているという内容だった。

しかし金委員長の名前は書類上にあるだけで、この日も外部での活動の知らせは報じられなかった。金委員長の公的な活動は今月11日に党政治局の会議を主催したのが最後で、この日まで12日間姿を見せていない。

重体説が浮上した今月21日も、北朝鮮メディアは金委員長が80才の誕生日を迎えた平壌市農村経理委員会の前顧問イ・シンジャ氏と金策工業総合大学研究員イ・シフプ氏に誕生祝を送ったというニュースのみを伝えている。

金委員長の重体説が浮上したのは、実質的な最高指導者に就いて以来、一度も欠かさなかった太陽節の錦繍山宮殿参拝を行なわなかった時からだ。

祖父である故・金日成主席のイメージに似せる事に全力を傾けて来た金委員長の不可解な不参加は、健康に異常が生じたからではないかとの見方が浮上した。特に今月21日に米CNNが「手術後に危篤状態となった」と報じると、周囲の国々は対応に追われた。しかし韓国大統領府は「北朝鮮に特異な動向は無い事を把握している」としながら、「地方に滞在している」と伝えている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »