「重体説」金正恩氏、また名前のみ登場…12日間公的な活動無し

-労働新聞「金委員長、シリア大統領に礼状」

手術後の重体説が浮上した北朝鮮の金正恩国務委員長の状態は依然として不明のままだ。国内外で重体説が取り上げられ、実妹の金与正氏の後継説まで取り沙汰されているが、北朝鮮の政府当局やメディアからは、これを否定する声明や公的な活動は発表されないでいる。

北朝鮮の労働新聞は23日、金正恩氏が故・金日成主席の誕生日となる4月15日の太陽節に記念祝電を送ったシリアのバッシャール・アル=アサド大統領に対し、礼状を送ったと報じた。礼状はアル=アサド大統領が心のこもった祝電を送ってくれた事に対して謝意を表し、両国の関係がより強化、発展する事を確信しているという内容だった。

しかし金委員長の名前は書類上にあるだけで、この日も外部での活動の知らせは報じられなかった。金委員長の公的な活動は今月11日に党政治局の会議を主催したのが最後で、この日まで12日間姿を見せていない。

重体説が浮上した今月21日も、北朝鮮メディアは金委員長が80才の誕生日を迎えた平壌市農村経理委員会の前顧問イ・シンジャ氏と金策工業総合大学研究員イ・シフプ氏に誕生祝を送ったというニュースのみを伝えている。

金委員長の重体説が浮上したのは、実質的な最高指導者に就いて以来、一度も欠かさなかった太陽節の錦繍山宮殿参拝を行なわなかった時からだ。

祖父である故・金日成主席のイメージに似せる事に全力を傾けて来た金委員長の不可解な不参加は、健康に異常が生じたからではないかとの見方が浮上した。特に今月21日に米CNNが「手術後に危篤状態となった」と報じると、周囲の国々は対応に追われた。しかし韓国大統領府は「北朝鮮に特異な動向は無い事を把握している」としながら、「地方に滞在している」と伝えている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  2. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  3. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  4. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  5. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
ページ上部へ戻る
Translate »