米中貿易戦争、結局長期戦へ

米中貿易戦争、結局長期戦へ

-成果なく終わった4回目の交渉
-米、2000億ドル規模の追加関税検討中

米中間の貿易戦争は結局長期戦になるのだろうか。米中間の4回目の貿易交渉も成果が無いままに決裂し、貿易摩擦は来年まで続くという分析も出ている。

経済専門メディア「ブルームバーグ」は26日(現地時間)、「トランプ政権内の対中強硬派の主導により、米国が対中国貿易戦争のレベルを引き上げるとみられる」と報じた。同紙は、22~23日に開かれた米中間の対話が成果なしに終わり、両国間の関税報復措置が再燃する可能性に注目している。実際に米国は2000億ドル規模の中国製品に対し、10~25%の追加関税を検討している。

これについて米国貿易代表部(USTR)は、意見の収斂を経て27日までに公聴会を終えるとしている。追加関税は早ければ来月6日に発動されるとみられる。

これに伴い24日には、トランプ政権の官僚らが欧州連合(EU)や日本の官僚らとワシントンで面会し、中国が通商慣行を変える様に圧力を掛ける方案について論議した。米国とEU、そして日本などの主要先進国が協調して、中国の不公正な貿易慣行に対抗する方案も並行して進められている。米国の政治専門メディアAxios(アクシオス)は、米中の貿易戦争は今年11月の米国中間選挙を経て来年下半期、またはそれ以降まで続く可能性があると、専門家の意見として報じた。

4回目の米中貿易交渉で、米国の主な要求事項を引き続き拒否している中国もまた長期戦に備えている様だ。

北京の消息筋は「中国は関連部署と官営メディアなどを通じて米国を非難しながら、長期戦も辞さないという立場をあからさまにしている」と、「但し、対話を通じて解決するために中国が譲歩しなければならないカードや、長期戦になった際に備える報復カードなど、様々なケースを検討している」と話した。

米国の貿易戦争長期化の動きに対して、中国も論理的な反撃に打って出ている。中国官営メディアの英語版グローバルタイムスはこの日の社説を通じて「米中貿易戦争と朝鮮半島非核化問題を結び付ける事は不合理だ」と、トランプ大統領の中国責任論に対して反論した。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »