米中貿易戦争、結局長期戦へ

米中貿易戦争、結局長期戦へ

-成果なく終わった4回目の交渉
-米、2000億ドル規模の追加関税検討中

米中間の貿易戦争は結局長期戦になるのだろうか。米中間の4回目の貿易交渉も成果が無いままに決裂し、貿易摩擦は来年まで続くという分析も出ている。

経済専門メディア「ブルームバーグ」は26日(現地時間)、「トランプ政権内の対中強硬派の主導により、米国が対中国貿易戦争のレベルを引き上げるとみられる」と報じた。同紙は、22~23日に開かれた米中間の対話が成果なしに終わり、両国間の関税報復措置が再燃する可能性に注目している。実際に米国は2000億ドル規模の中国製品に対し、10~25%の追加関税を検討している。

これについて米国貿易代表部(USTR)は、意見の収斂を経て27日までに公聴会を終えるとしている。追加関税は早ければ来月6日に発動されるとみられる。

これに伴い24日には、トランプ政権の官僚らが欧州連合(EU)や日本の官僚らとワシントンで面会し、中国が通商慣行を変える様に圧力を掛ける方案について論議した。米国とEU、そして日本などの主要先進国が協調して、中国の不公正な貿易慣行に対抗する方案も並行して進められている。米国の政治専門メディアAxios(アクシオス)は、米中の貿易戦争は今年11月の米国中間選挙を経て来年下半期、またはそれ以降まで続く可能性があると、専門家の意見として報じた。

4回目の米中貿易交渉で、米国の主な要求事項を引き続き拒否している中国もまた長期戦に備えている様だ。

北京の消息筋は「中国は関連部署と官営メディアなどを通じて米国を非難しながら、長期戦も辞さないという立場をあからさまにしている」と、「但し、対話を通じて解決するために中国が譲歩しなければならないカードや、長期戦になった際に備える報復カードなど、様々なケースを検討している」と話した。

米国の貿易戦争長期化の動きに対して、中国も論理的な反撃に打って出ている。中国官営メディアの英語版グローバルタイムスはこの日の社説を通じて「米中貿易戦争と朝鮮半島非核化問題を結び付ける事は不合理だ」と、トランプ大統領の中国責任論に対して反論した。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る