コカ・コーラがコスタを買収した理由は?事業拡大に乗り出す大手食品メーカー

コカ・コーラがコスタを買収した理由は?事業拡大に乗り出す大手食品メーカー

世界の大手食品メーカーらの事業領域に大きな変化が起きている。急変している消費者の好みに合わせるため、既存の事業から新分野への進出に力を入れている様子だ。

コカ・コーラは先月31日、英コーヒーチェーン大手コスタコーヒーの買収計画を発表した。買収金額は39億ポンド(約50億ドル)。すでにコーヒーチェーン市場はスターバックスやネスレ、JABホールディングスなどが高いマーケットシェアを占めており、激しい競争が予想される。

同紙は「コカ・コーラのコスタコーヒー買収は‟完全なる飲料メーカー”になるためで、肥満を誘発する糖分を多く含む飲料中心から抜け出すための試みの一環」と、コカ・コーラのコスタコーヒー買収を分析した。

実際にネスレやJABに比べコーヒーチェーン市場に遅れて進出したとの指摘について、コカ・コーラの最高経営責任者(CEO)ジェームズ・クインシー氏は「コーヒーは世界一速い成長部門。逃すわけにはいけない」と述べた。海外専門家らも「コスタの買収はコカ・コーラの創業以来最も大きな戦略的変化だ」と評価している。

新事業に領域を拡大するのはコカ・コーラだけではない。コカ・コーラのライバルであるペプシコーラもすでに炭酸水製造機器メーカーの「ソーダストリーム」を32億ドルで買収したと発表している。また、ビール世界最大手アンバイザー・ブッシュ・インベブはノンアルコール飲料事業への参入を検討していると伝えられている。

フィナンシャル・タイムズは、「大手食品メーカーらの買収ブームは、より新鮮で健康な製品に対する消費者の需要に合わせるためだ」と報じた。

資産調査会社バーンスタインのアナリスト、アリー・ディバズ氏は「最近の企業は『変化』にとらわれている。今後更なる予想外の合併があるだろう」と予想した。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  2. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  3. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  4. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…
  5. 初心者でも世界を相手にした貿易ビジネスに飛び込めるという、グローバル貿易情報提供プラットフォームが公…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »