コカ・コーラがコスタを買収した理由は?事業拡大に乗り出す大手食品メーカー

コカ・コーラがコスタを買収した理由は?事業拡大に乗り出す大手食品メーカー

世界の大手食品メーカーらの事業領域に大きな変化が起きている。急変している消費者の好みに合わせるため、既存の事業から新分野への進出に力を入れている様子だ。

コカ・コーラは先月31日、英コーヒーチェーン大手コスタコーヒーの買収計画を発表した。買収金額は39億ポンド(約50億ドル)。すでにコーヒーチェーン市場はスターバックスやネスレ、JABホールディングスなどが高いマーケットシェアを占めており、激しい競争が予想される。

同紙は「コカ・コーラのコスタコーヒー買収は‟完全なる飲料メーカー”になるためで、肥満を誘発する糖分を多く含む飲料中心から抜け出すための試みの一環」と、コカ・コーラのコスタコーヒー買収を分析した。

実際にネスレやJABに比べコーヒーチェーン市場に遅れて進出したとの指摘について、コカ・コーラの最高経営責任者(CEO)ジェームズ・クインシー氏は「コーヒーは世界一速い成長部門。逃すわけにはいけない」と述べた。海外専門家らも「コスタの買収はコカ・コーラの創業以来最も大きな戦略的変化だ」と評価している。

新事業に領域を拡大するのはコカ・コーラだけではない。コカ・コーラのライバルであるペプシコーラもすでに炭酸水製造機器メーカーの「ソーダストリーム」を32億ドルで買収したと発表している。また、ビール世界最大手アンバイザー・ブッシュ・インベブはノンアルコール飲料事業への参入を検討していると伝えられている。

フィナンシャル・タイムズは、「大手食品メーカーらの買収ブームは、より新鮮で健康な製品に対する消費者の需要に合わせるためだ」と報じた。

資産調査会社バーンスタインのアナリスト、アリー・ディバズ氏は「最近の企業は『変化』にとらわれている。今後更なる予想外の合併があるだろう」と予想した。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »