「北朝鮮のICBM組み立て施設が完全解体に」 VOAが報道

「北朝鮮のICBM組み立て施設が完全解体に」 VOAが報道

米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は7日、「北朝鮮・平城近郊の平城に建てられた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の組み立て施設が完全に解体されたことが確認された」と報じた。しかし、いつでも再登場する可能性はあるという指摘も出ている。

同媒体が公開した高画質の衛星写真によると、組み立て施設があった敷地には建物や関連資材などは見えなかった。同じ場所を撮影した 米国企業のプラネット・ラボの衛星画像にも高層ビルの影などが捉えられていない。ボイス・オブ・アメリカは「「9月1日の衛星写真を見ると、関連する構造物がすべて消えたことがわかる。同施設の解体が最終的に終わったと観測される」と伝えた。

しかし、衛星写真の専門家でスタンフォード大学の国際安保協力センター客員研究員ニック・ハンセン氏は、「この構造物は過去にも僅か3日で建設されたことがあり、また、今年だけでも二度も解体されてまた再登場した」とし、「再登場する可能性はまだある」と語った。

北朝鮮は昨年11月、大陸間弾道ミサイル「火星-15」を同施設を利用して移動式発射台に搭載した後、発射した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る