「北朝鮮のICBM組み立て施設が完全解体に」 VOAが報道

「北朝鮮のICBM組み立て施設が完全解体に」 VOAが報道

米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は7日、「北朝鮮・平城近郊の平城に建てられた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の組み立て施設が完全に解体されたことが確認された」と報じた。しかし、いつでも再登場する可能性はあるという指摘も出ている。

同媒体が公開した高画質の衛星写真によると、組み立て施設があった敷地には建物や関連資材などは見えなかった。同じ場所を撮影した 米国企業のプラネット・ラボの衛星画像にも高層ビルの影などが捉えられていない。ボイス・オブ・アメリカは「「9月1日の衛星写真を見ると、関連する構造物がすべて消えたことがわかる。同施設の解体が最終的に終わったと観測される」と伝えた。

しかし、衛星写真の専門家でスタンフォード大学の国際安保協力センター客員研究員ニック・ハンセン氏は、「この構造物は過去にも僅か3日で建設されたことがあり、また、今年だけでも二度も解体されてまた再登場した」とし、「再登場する可能性はまだある」と語った。

北朝鮮は昨年11月、大陸間弾道ミサイル「火星-15」を同施設を利用して移動式発射台に搭載した後、発射した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »