「北朝鮮のICBM組み立て施設が完全解体に」 VOAが報道

「北朝鮮のICBM組み立て施設が完全解体に」 VOAが報道

米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は7日、「北朝鮮・平城近郊の平城に建てられた大陸間弾道ミサイル(ICBM)の組み立て施設が完全に解体されたことが確認された」と報じた。しかし、いつでも再登場する可能性はあるという指摘も出ている。

同媒体が公開した高画質の衛星写真によると、組み立て施設があった敷地には建物や関連資材などは見えなかった。同じ場所を撮影した 米国企業のプラネット・ラボの衛星画像にも高層ビルの影などが捉えられていない。ボイス・オブ・アメリカは「「9月1日の衛星写真を見ると、関連する構造物がすべて消えたことがわかる。同施設の解体が最終的に終わったと観測される」と伝えた。

しかし、衛星写真の専門家でスタンフォード大学の国際安保協力センター客員研究員ニック・ハンセン氏は、「この構造物は過去にも僅か3日で建設されたことがあり、また、今年だけでも二度も解体されてまた再登場した」とし、「再登場する可能性はまだある」と語った。

北朝鮮は昨年11月、大陸間弾道ミサイル「火星-15」を同施設を利用して移動式発射台に搭載した後、発射した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »