新興国の通貨安は続く?ゴールドマン・サックスが追加下落を示唆

新興国の通貨安は続く?ゴールドマン・サックスが追加下落を示唆

新興国の通貨価値が下落する中、また一部の通貨が追加下落するとの見通しが出た。

ゴールドマン・サックスは各国の経済の不均衡を考慮した分析の結果を発表し、「現在のコロンビアペソ、インドルピー、インドネシアルピアが多少高評価されている」と伝えた。また「最近の下落にも新興国の通貨はまだ2016年初めのような低水準でない」と追加下落を示唆した。

最近、投資家らは4兆5000億ドルの新興国通貨を売り、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル指数(MSCI)新興国通貨指数が20年ぶりの低水準に落ちた。ブルームバーグは「MSCIが同水準を下回ると、一般的に投資家が再び市場に戻ってくるが、現在のところその兆しが見えない」と伝えた。

米中貿易戦争の激化と経済不安などで始まった新興国の通貨安は現在、ブラジルレアルとアルゼンチンペソ、トルコリラ、インドルピーなどが主導している。ブラジルレアルは、大統領選挙の不確実性と脆弱な経済環境などの影響で最大の下げ幅を見せている。アルゼンチンペソは、国際通貨基金(IMF)の金融支援策への期待感が薄らぎ、売りに転じた。
トルコリラは米国との対立激化、経済指標の悪化で下落を続けている。アルゼンチンペソとトルコリラの場合、今年初めと比べてそれぞれ50%、41%の価値が暴落した。インドルピーとインドネシアルピアの価値も新興国の通貨不安に影響され下落を続けている。

野村證券も9日、スリランカや南アフリカ共和国、アルゼンチン、パキスタン、エジプト、トルコ、ウクライナなど7カ国の通貨が危機の危険性があると警告した。

さらに、新興国の通貨安に米国の金利引き上げに伴う負債コストの増加懸念などが重なり、新興国の企業や政府は海外からの資金調達に困難を極めている。米調査会社ディーロジックによると、今年の夏(6〜8月)新興国の企業が海外から調達した資金規模は280億ドルで、前年同期比60%以上減少した。同じ期間、新興国の政府の海外資金調達額は40%以上減少した。市場では、今年の残りの期間もこのような雰囲気が続くと予想している。

ルネッサンス・キャピタル銀行のチャールズ・ロバートソン氏は「新興国の企業が2008年の金融危機の当時より国際債券市場にさらされている」と懸念した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »