インドネシアに飛び火か…通貨不安が拡散

インドネシアに飛び火か…通貨不安が拡散

インドネシアへの懸念がますます高まっている。一見堅調に見えるが、内部事情は困難が重なっている状況で、アルゼンチンとトルコを襲った通貨危機がインドネシアに拡散する可能性があるという不安が大きくなっている。

インドネシアの経済指標は、アルゼンチン、トルコとは比較しにくいほど堅調な動きを見せている。公的債務の比率は昨年末基準で国内総生産(GDP)の29%で、先進国の平均よりもはるかに低い。輸出も着実に増加し、対外債務の返済に使われる外貨が止まらず流れてくる。そのため、輸出対比短期対外債務はアルゼンチンなどは比較自体が難しいほど低い。野村証券によると、7月までの1年間、インドネシアの短期対外債務は輸出比で27%。141%のアルゼンチン、76%のトルコに比べて大きく低い。

しかし、経済指標と内部事情は全く違う。インドネシアの投資の主軸は財務状態が劣悪な国営企業だが、仏投資銀行ナティクシス(Natixis)の分析によると、インドネシアの主要インフラ国営企業の総収入は支払利息の4倍に至らない。世界主要インフラ企業の支払利息は8倍だ。

エネルギー輸出入の構造もインドネシアに不利だ。インドネシアは主要石炭輸出国であるが、石油は全量を輸入に依存している。インドネシアが輸出する石炭の価格は6月以降下落基調だ。このため、7月の月間貿易赤字は2013年以来、5年ぶりに最大を記録した。今のように石炭の主要消費国である中国の経済が低迷し、原油価格が上昇する状況では、困難が増すしかない。インドネシアはアジア通貨危機当時、韓国、タイと共に最大の打撃を受けた国の一つだった。

一方、安定した成長を見せていたインドもルピーの価値が連日急落し、大きく揺れている。11日に歴代最安値(1ドル=72.70ルピー)を記録したルピーは、翌日も1ドル=72.91ルピーまで落ち不安な姿を見せた。

インドは外貨準備高が4000億ドルに達するなど、他の新興国とは異なり、「安全地帯」とされた。しかし、ルピーの価値下落が予想よりも大幅に長く続く上、原油価格もなかなか安定感を見せていないため、他の新興国と同伴墜落が懸念される。専門家らは、政府と中央銀行などが対策作りに乗り出さなければならないと声をあげている。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »