韓国ネット通販大手で仮想通貨決済が年内導入… Terraに注目

【写真】ティーモンのCEO兼Terraの共同創業者であるシン・ヒョンソン氏は14日、済州島で開かれたブロックチェーン会議「UDC2018」で、年内に「Terra」を活用した決済サービス「テラペイ」をティーモンに導入する計画だと明らかにした。

韓国ネット通販大手で仮想通貨決済が年内導入… Terraに注目

韓国のネット通販大手ティーモン(TMON)が仮想通貨「テラ(Terra)」を活用した決済サービスを年内中に導入する計画だ。

ティーモンのCEO兼Terraの共同創業者であるシン・ヒョンソン氏は14日、済州島で開かれたブロックチェーン会議「UDC2018」で、年内に「Terra」を活用した決済サービス「テラペイ」をティーモンに導入する計画だと明らかにした。

シン氏は「仮想通貨が実際の生活に活用されないことを解決するために、仮想通貨による決済プロジェクトを進めている」とし「このために価格変動性の問題を解決した仮想通貨TerraとLunaトークンを通じて、ブロックチェーン基盤の仮想通貨決済サービスをすぐに商用化する計画だ」と伝えた。

テラは、自動的に需要と供給が調節され、価格の変動を最小限に抑えるのが特徴だ。150円だった1テラの価格が140円に低下すると、テラを追加発行して価格を150円で合わせる。逆に160円に上がれば、テラと連結されたルナを活用してテラを買い入れ、トークンのバーン(焼却)を行う。このような作業はアルゴリズムによって自動的に行われるため、テラの価格は常に150円で維持することができる。

ティーモンで「テラペイ」サービスが開始されると、利用者はテラペイのサービスに会員登録をした後、銀行口座などを接続してテラペイを使用することができる。利用者は、単に現金で決済するかのように感じるが、支払いが行われるときに自動的に取引所を介して現金がテラに換えられ決済される。

シン氏は「利用者は複雑な電子財布を作る必要がない。カード決済のように簡単に支払うことができる」と説明した。

年内にティーモンでテラペイが開始されると、「テラ・アライアンス」に参加した15社のEコマースプラットフォームにテラペイ決済が拡大される。テラ・アライアンスには、韓国最大の出前代行アプリ「配達の民族」をはじめ、東南アジアで人気のフリマアプリ「Carousell」、ベトナムの「ティキ(Tiki)」、ファッションECモール「キューテン(Qoo10)」などもメンバーとして参加している。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »