仮想通貨が再び上昇気流に?…「ビットコインが10月に9000ドル」分析も

仮想通貨が再び上昇気流に?…「ビットコインが10月に9000ドル」分析も

仮想通貨市場が全体的に上昇ラリーを続けるとの見通しが出た。特にビットコイン(BTC)の価格は10月中に9,000ドルに達すると分析され投資家の注目を集める。

仮想通貨市場は22日現在、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの「ビッグ3」のリードで市場全体が上昇ラリーを見せ、過去48時間だけで仮想通貨市場の時価総額は1,980億ドルから2,270億ドル水準まで急増した。

時価総額1位のビットコインは6,800ドルに迫り、強力な抵抗線となっている7000ドル突破を目前にしている。取引量も50%以上増加し、今後の見通しを期待させている。

ここ数ヵ月間、下落傾向だった時価総額2位のイーサリアムと時価総額3位のリップルも、 これまでの下げ幅を挽回する勢いを見せている。特にリップルは時価総額でイーサリアムを追い越す勢いだ。現在、イーサリアムの時価総額は約250億ドルで、215億ドルのリップルとの差は35億ドル水準だ。

仮想通貨専門媒体のCCNは最近、「現在の市場の雰囲気が続くと、10月末までにビットコイン9,000ドルは実現できるような状況だ」とし「特に米国仮想通貨市場の肯定的な発展、日本と韓国の 規制緩和動きなどが投資家を刺激しており、強い短期上昇は続くと予想される」と伝えた。

海外の専門家らは、リップルとイーサリアムの急激な価格上昇が、市場の強力な上昇基調の原動力となっていると分析。また、今後、仮想通貨は短期的反発後、徐々に上昇する可能性が大きいと見込んだ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »