仮想通貨が再び上昇気流に?…「ビットコインが10月に9000ドル」分析も

仮想通貨が再び上昇気流に?…「ビットコインが10月に9000ドル」分析も

仮想通貨市場が全体的に上昇ラリーを続けるとの見通しが出た。特にビットコイン(BTC)の価格は10月中に9,000ドルに達すると分析され投資家の注目を集める。

仮想通貨市場は22日現在、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの「ビッグ3」のリードで市場全体が上昇ラリーを見せ、過去48時間だけで仮想通貨市場の時価総額は1,980億ドルから2,270億ドル水準まで急増した。

時価総額1位のビットコインは6,800ドルに迫り、強力な抵抗線となっている7000ドル突破を目前にしている。取引量も50%以上増加し、今後の見通しを期待させている。

ここ数ヵ月間、下落傾向だった時価総額2位のイーサリアムと時価総額3位のリップルも、 これまでの下げ幅を挽回する勢いを見せている。特にリップルは時価総額でイーサリアムを追い越す勢いだ。現在、イーサリアムの時価総額は約250億ドルで、215億ドルのリップルとの差は35億ドル水準だ。

仮想通貨専門媒体のCCNは最近、「現在の市場の雰囲気が続くと、10月末までにビットコイン9,000ドルは実現できるような状況だ」とし「特に米国仮想通貨市場の肯定的な発展、日本と韓国の 規制緩和動きなどが投資家を刺激しており、強い短期上昇は続くと予想される」と伝えた。

海外の専門家らは、リップルとイーサリアムの急激な価格上昇が、市場の強力な上昇基調の原動力となっていると分析。また、今後、仮想通貨は短期的反発後、徐々に上昇する可能性が大きいと見込んだ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
  4. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  5. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
ページ上部へ戻る
Translate »