仮想通貨が再び上昇気流に?…「ビットコインが10月に9000ドル」分析も

仮想通貨が再び上昇気流に?…「ビットコインが10月に9000ドル」分析も

仮想通貨市場が全体的に上昇ラリーを続けるとの見通しが出た。特にビットコイン(BTC)の価格は10月中に9,000ドルに達すると分析され投資家の注目を集める。

仮想通貨市場は22日現在、ビットコイン、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの「ビッグ3」のリードで市場全体が上昇ラリーを見せ、過去48時間だけで仮想通貨市場の時価総額は1,980億ドルから2,270億ドル水準まで急増した。

時価総額1位のビットコインは6,800ドルに迫り、強力な抵抗線となっている7000ドル突破を目前にしている。取引量も50%以上増加し、今後の見通しを期待させている。

ここ数ヵ月間、下落傾向だった時価総額2位のイーサリアムと時価総額3位のリップルも、 これまでの下げ幅を挽回する勢いを見せている。特にリップルは時価総額でイーサリアムを追い越す勢いだ。現在、イーサリアムの時価総額は約250億ドルで、215億ドルのリップルとの差は35億ドル水準だ。

仮想通貨専門媒体のCCNは最近、「現在の市場の雰囲気が続くと、10月末までにビットコイン9,000ドルは実現できるような状況だ」とし「特に米国仮想通貨市場の肯定的な発展、日本と韓国の 規制緩和動きなどが投資家を刺激しており、強い短期上昇は続くと予想される」と伝えた。

海外の専門家らは、リップルとイーサリアムの急激な価格上昇が、市場の強力な上昇基調の原動力となっていると分析。また、今後、仮想通貨は短期的反発後、徐々に上昇する可能性が大きいと見込んだ。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »