バフェット氏、中国EV投資で10年間収益が8倍

バフェット氏、中国EV投資で10年間収益が8倍

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットが10年前に中国の電気自動車メーカーに投資し、約8倍の利益を得たことが分かった。

ブルームバーグ通信などによると、バフェットが率いる世界最大の投資会社バークシャー・ハサウェイは2008年9月、香港株式市場に上場された大手電気自動車(EV)メーカーの中国・比亜迪(BYD)の株2億2500万株を2億3200万ドル(約260億円)で買い取った。バークシャー・ハサウェイが保有中の同株式は10年後の今月26日基準で16億ドル(約1800億円)を記録中だ。

ブルームバーグ通信は「バフェット氏のBYDへの投資はテスラが上場する2年前にしたもので、彼の海外投資の中で最も成功した事例となった」と伝えた。

携帯電話用の電池メーカーとして出発したBYDは電気自動車とモノレール列車を生産するメーカーとして成長した。BYDは声明で「バフェット氏の果敢な投資で過去10年間急激に成長することができた」と、バフェット氏に感謝の意を伝えた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はバイデン候補のツイッタから 米国大統領選挙が2週後に迫った状況で、民主党のジョー・バイデン候…
  2. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  3. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  4. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  5. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »