仮想通貨の上昇エンジンは投資家心理?「年末ラリーの可能性高い」

仮想通貨の上昇エンジンは投資家心理?「年末ラリーの可能性高い」

世界最大の金融コンサルティング企業デビエグループ(deVere Group)の最高経営責任者(CEO)ニゲル・グリーン氏が、「FOMO(Fear of Missing Out)のため、ビットコインなどの仮想通貨が年末までに高く上昇する」と予測した。FOMOは良い機会を逃さたくない投資家の市場参入動きを意味し、FOMOが今後のコイン市場にどんな影響を与えるか注目を集めている。

海外の経済専門媒体ビジネスクラウド(BusinessCloud)によると、グリーン氏は「世界1位の仮想通貨ビットコインと主要コインは‟真のグローバル脱出”の直前に位置している」とし、最近リップル(XRP)が1ドル台を突破したのもFOMOの影響だと述べた。

同氏は「金融分野だけでなく、技術(tech)とリテール(retail)の分野でもブロックチェーンと仮想通貨の導入が増えている。機関投資家の間ではブロックチェーンと仮想通貨を受け入れなければ競争で一人負けするという認識が急速に広がっている」と説明しつつ、「昨年末に経験した仮想通貨価格の急騰が今年末に再び現れるのかは分からないが、仮想通貨が”貨幣の未来”という認識が段々認められているため、年末までに上昇ラリーの環境が整えられると期待している」と語った。

グリーン氏の分析を支えるかのように世界の専門家らは現在のビットコイン価額について「底」と判断している。コインリーダースなどの韓国メディアは、専門家らの意見をもとに「ビットコイン価格が現在のように6000ドルラインを守り続けると、これを踏み台として価格の反騰に転じる可能性は高い」と見込んでいる。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトTh…
  2. 韓国統一省は22日、北朝鮮が同日午前に南北共同連絡事務所の韓国側に「北側の連絡事務所は上部の指示に基…
  3. 根本匠厚生労働相は22日、金浦(キンポ)空港で暴行事件を起こした同省の幹部に対し「事実関係をしっかり…
  4. ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の"プロポフォール投与疑惑"を捜査して…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領と日本の安倍晋三首相が4月から6月まで、毎月となる3ヶ月連続で面会し、…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る