米投資家ノボグラッツ氏、「来年第1四半期にビットコイン1万ドル」

米投資家ノボグラッツ氏、「来年第1四半期にビットコイン1万ドル」

今年の初めに仮想通貨への投資の熱気が絶頂に達したように、来年第1四半期に仮想通貨ブームが再来するとの見通しが出た。

金融大手ゴールドマン・サックス出身で著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏は16日、ブルームバーグとのインタビューで、来年第1四半期に再び仮想通貨への投資ブームが来ると語った。

同氏は、最近世界的な資産運用会社フィデリティ・インベストメントが仮想通貨の取引分野に参入したことに触れながら「公信力のある投資機関の参加が仮想通貨市場の主流化を導く」とし、「多少時間がかかるかもしれないが、2019年第1四半期中にビットコインが1万ドルを突破するなどの好機が再び訪れるだろう」と予想した。

一方、2700万人の顧客と7.2兆ドルの資産を保有している、世界で5番目に大きい資産運用会社フィデリティ・インベストメントは最近、仮想通貨の投資と取引をサポートするフィデリティ・デジタル・アセット(Fidelity Digital Asset)を設立したと発表した。

同社のエビ・ゲイルCEOは「フィデリティ・デジタル・アセットを通してビットコインのような仮想通貨の取引を支援したい」とし「新たなデジタル資産への投資に持続的な関心を持っている」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の保健当局が新型肺炎の「人から人への感染」を確認したと発表した。…
  2. 世界的な金融・投資業界の関係者らは、フェイスブックのリブラ発売の可否について否定的な見解を持っている…
  3. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスが急激に拡散している中、韓国で新型コロナウイルスによる新…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスが急激に拡散している。この2日間で新たに136人の感染が…
  5. 写真は自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)党代表 韓国最大野党「自由韓国党」が韓国最大の仏…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る