米投資家ノボグラッツ氏、「来年第1四半期にビットコイン1万ドル」

米投資家ノボグラッツ氏、「来年第1四半期にビットコイン1万ドル」

今年の初めに仮想通貨への投資の熱気が絶頂に達したように、来年第1四半期に仮想通貨ブームが再来するとの見通しが出た。

金融大手ゴールドマン・サックス出身で著名投資家のマイケル・ノボグラッツ氏は16日、ブルームバーグとのインタビューで、来年第1四半期に再び仮想通貨への投資ブームが来ると語った。

同氏は、最近世界的な資産運用会社フィデリティ・インベストメントが仮想通貨の取引分野に参入したことに触れながら「公信力のある投資機関の参加が仮想通貨市場の主流化を導く」とし、「多少時間がかかるかもしれないが、2019年第1四半期中にビットコインが1万ドルを突破するなどの好機が再び訪れるだろう」と予想した。

一方、2700万人の顧客と7.2兆ドルの資産を保有している、世界で5番目に大きい資産運用会社フィデリティ・インベストメントは最近、仮想通貨の投資と取引をサポートするフィデリティ・デジタル・アセット(Fidelity Digital Asset)を設立したと発表した。

同社のエビ・ゲイルCEOは「フィデリティ・デジタル・アセットを通してビットコインのような仮想通貨の取引を支援したい」とし「新たなデジタル資産への投資に持続的な関心を持っている」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る