サウジ政府、記者殺害を認める…「殴り合いで死亡」

ジャーナリストのジャマル・カショギ氏/写真は Jamal Khashoggiサイトより

サウジ政府、記者殺害を認める…「殴り合いで死亡」

サウジアラビア政府は20日、ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ領事館が死亡したと発表した。これまでカショギ氏の行方について一貫して分からないという立場を取っていたサウジ政府は、同事件と関連した関係者を更迭し、殺害の容疑者を逮捕したと伝えた。

サウジの検察は同日、カショギ氏がイスタンブール駐在のサウジ総領事館で死亡し、これと関連してこれまで自国民18人を逮捕して調査中だと発表した。
死因については、「行方不明になった当日、総領事館でカショギ氏と容疑者らが口論で殴り合いとなり、その過程で死亡した」と説明した。

サウジ政権と王室を批判してきたカショギ氏は、結婚のために必要な書類を発給するため、今月2日にイスタンブールのサウジ総領事館に入った後、行方不明になった。以降、西側のメディアは、サウジアラビアの事実上の指導者、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が介入した暗殺説を提起しつつ、真相究明を求めた。

特にカシュギ氏が残酷な拷問の末に殺害されたという報道と共に、サウジ政府高官とサルマン皇太子の側近が暗殺に関わっていたというトルコの警察の発表で、波紋はさらに広がった。

武器販売とイラン牽制のためにこれまでサウジを庇ってきたトランプ米大統領も身を引くようだ。トランプ氏は20日、米アリゾナ州で記者らにカシュギ氏事件と関連し「サウジ制裁を検討する可能性がある。議会と議論する」と明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  3. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  4. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…

おすすめ記事

  1. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  2. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  3. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  4. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  5. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
ページ上部へ戻る
Translate »