サウジ政府、記者殺害を認める…「殴り合いで死亡」

ジャーナリストのジャマル・カショギ氏/写真は Jamal Khashoggiサイトより

サウジ政府、記者殺害を認める…「殴り合いで死亡」

サウジアラビア政府は20日、ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ領事館が死亡したと発表した。これまでカショギ氏の行方について一貫して分からないという立場を取っていたサウジ政府は、同事件と関連した関係者を更迭し、殺害の容疑者を逮捕したと伝えた。

サウジの検察は同日、カショギ氏がイスタンブール駐在のサウジ総領事館で死亡し、これと関連してこれまで自国民18人を逮捕して調査中だと発表した。
死因については、「行方不明になった当日、総領事館でカショギ氏と容疑者らが口論で殴り合いとなり、その過程で死亡した」と説明した。

サウジ政権と王室を批判してきたカショギ氏は、結婚のために必要な書類を発給するため、今月2日にイスタンブールのサウジ総領事館に入った後、行方不明になった。以降、西側のメディアは、サウジアラビアの事実上の指導者、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が介入した暗殺説を提起しつつ、真相究明を求めた。

特にカシュギ氏が残酷な拷問の末に殺害されたという報道と共に、サウジ政府高官とサルマン皇太子の側近が暗殺に関わっていたというトルコの警察の発表で、波紋はさらに広がった。

武器販売とイラン牽制のためにこれまでサウジを庇ってきたトランプ米大統領も身を引くようだ。トランプ氏は20日、米アリゾナ州で記者らにカシュギ氏事件と関連し「サウジ制裁を検討する可能性がある。議会と議論する」と明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 華為技術幹部逮捕に中国の強まる米非難...報復措置を警告 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)…
  2. 金正恩氏の年内訪韓は?韓国政府「慌てず催促せず」姿勢強調 ‐韓国政府「今まで進捗した状況…
  3. ビットコインが上昇...BSVは100ドル割り込む ビットコインの価額が上昇の動きを見せている。コイ…
  4. イーサリアム、来年1月にハードフォーク予定 イーサリアムのハードフォークである「コンスタンティノー…
  5. 台湾が脱原発を放棄...その理由は? 台湾の蔡英文政権の脱原発政策にブレーキがかかっている。先月24…

おすすめ記事

  1. 2018-12-10

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された

    歪める韓国音楽チャート…アイドルのファンに占領された -評論家「組織的ファンを持たない歌手は…
  2. 2018-12-5

    拇印で結んだ契約 効力はあるか?

    [JL WATER JAPAN代表 朴性文の法律相談] 拇印で結んだ契約 効力はあるか? ‐…
  3. 2018-12-3

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界

    拡大するAI活用、日本の7原則と中国の限界 中国の指導部が人工知能(AI)をテーマにセミナーを…
  4. 2018-12-3

    米中貿易戦争「90日間休戦」…完全妥結までは道のり長く

    米中貿易戦争「90日間休戦」...完全妥結までは道のり長く ‐紛争拡大時には中国経済にも打撃…両国…
  5. 2018-11-27

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理

    牛肉の産地情報もブロックチェーンで管理 ‐韓国情報通信部、来年1月よりブロックチェーンによる畜…

アーカイブ

ページ上部へ戻る