サウジ政府、記者殺害を認める…「殴り合いで死亡」

ジャーナリストのジャマル・カショギ氏/写真は Jamal Khashoggiサイトより

サウジ政府、記者殺害を認める…「殴り合いで死亡」

サウジアラビア政府は20日、ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ領事館が死亡したと発表した。これまでカショギ氏の行方について一貫して分からないという立場を取っていたサウジ政府は、同事件と関連した関係者を更迭し、殺害の容疑者を逮捕したと伝えた。

サウジの検察は同日、カショギ氏がイスタンブール駐在のサウジ総領事館で死亡し、これと関連してこれまで自国民18人を逮捕して調査中だと発表した。
死因については、「行方不明になった当日、総領事館でカショギ氏と容疑者らが口論で殴り合いとなり、その過程で死亡した」と説明した。

サウジ政権と王室を批判してきたカショギ氏は、結婚のために必要な書類を発給するため、今月2日にイスタンブールのサウジ総領事館に入った後、行方不明になった。以降、西側のメディアは、サウジアラビアの事実上の指導者、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が介入した暗殺説を提起しつつ、真相究明を求めた。

特にカシュギ氏が残酷な拷問の末に殺害されたという報道と共に、サウジ政府高官とサルマン皇太子の側近が暗殺に関わっていたというトルコの警察の発表で、波紋はさらに広がった。

武器販売とイラン牽制のためにこれまでサウジを庇ってきたトランプ米大統領も身を引くようだ。トランプ氏は20日、米アリゾナ州で記者らにカシュギ氏事件と関連し「サウジ制裁を検討する可能性がある。議会と議論する」と明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る