韓国、水素バスを路線投入… 現代自の第3世代電池バス

蔚山市内バスの定期路線に投入された現代自動車の世代水素電池バス

韓国、水素バスを路線投入… 現代自の第3世代電池バス

韓国・蔚山(ウルサン)市で水素電池バスが定期路線運行を開始した。公害を全く発生させない水素バスが代表的な公共交通の市内バスの定期路線に投入されるのは韓国で初めて。

蔚山市と現代自動車は22日、蔚山市・東区(トング)大王岩公園車庫にて「蔚山広域市の水素電池バス試験事業発足式」を行った。

水素バスは式後、蔚山広域市124番市内バス路線に投入された。水素バスは蔚山・栗里(ユルリ)公営車庫から大王岩公園まで往復56kmコースを1日2回運行する。

水素電池の充電は去年開業した蔚山・玉洞(オクトン)水素ステーションを利用する。栗里公営車庫から水素ステーションまでは約5.5km離れている。

同日公開された水素バスは現代自動車の3世代水素電池バスで、今年2月開催された「2018平昌冬季五輪・パラリンピック」のスポンサー車両として試験運行された。

現代自動車は、「一般の乗客を乗せて頻繁に走行する市内バスというところから前世代の水素バスに比べ安全性や耐久性を大幅改善し、路線バスとしての運行に最適している」と説明した。

蔚山市のソン・チョルホ市長は「蔚山市は全国で初めて水素バスを市内バス路線に投入した。水素産業を先導する都市としてのプライドや情熱を世間に確実に周知させることになり、韓国全土に水素バスが普及することに大きく寄与すると期待している」と述べた。

蔚山市は水素電池車の普及に拍車をかけている。今年5月には、2035年まで全市内バスを水素バスに転換し、水素ステーションの整備を拡大するとの計画を公表している。

現代自動車のハン・ソングォン商用事業担当課長は「水素電池車に馴染みのない市民に水素電池車の優秀な性能や高い安全性、エコ志向を知らせることに大きな役割を果たしていきたい」とし「現代自動車グループは水素バスおよび水素電池車の普及や水素ステーション拡充のため持続的に投資を行う予定だ」と表明した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »