共同警備区域の非武装化が完了…北朝鮮側への観光は来月から

韓国と北朝鮮の軍事境界線がある板門店。/WIKIMEDIA COMMONS(Henrik Ishihara Globaljuggler)

共同警備区域の非武装化が完了…北朝鮮側への観光は来月から

韓国と北朝鮮の軍事当局と国連軍司令部は25日、板門店の共同警備区域(JSA)内のすべての火器と弾薬、兵力を撤収したと発表した。発表によると、二日間の共同検証を経って28日から南北の軍人が共同で板門店の警備を務める。

共同警備区域の非武装化で一般人の観光も可能になる。これまでは共同警備区域で観光が可能な区域は軍事境界線の南側の韓国領土に限られたが、来月中には軍事境界線を越えて北朝鮮側に行くことも可能になる。

共同警備区域の警備は南北がそれぞれ35人の軍人を派遣し、共同で警備する。ただ、自国民の越境を防ぐため、北朝鮮側には韓国軍の監視所を、韓国側には北朝鮮軍の監視所を建てることにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »