アップル、予想下回るiPhone販売台数で株価急落

アップル、予想下回るiPhone販売台数で株価急落

米アップルが前年同期より32%も増加した純利益を記録したが、市場予想値を下回ったiPhoneの販売台数が市場予想値を下回り、株価が急落した。

アップルは1日、第3四半期の実績を発表した。発表によると、純利益は前年同期比32%増の141億ドルで、売上も20%増加した629億ドルを記録した。

しかし、市場が注目したのは主力商品であるiPhoneの販売台数だった。第3四半期のiPhoneの販売台数は4690万台で、市場が予想した4750万台を下回った。iPadは前年同期より6%減の960万台にとどまり、MacBookは530万台で昨年の水準だった。

アップルの株は同日の米株式市場の時間外取引で7.4%も下落した。実績は期待以上の好成績だったが、市場は販売実績を重視し、より敏感に反応したようだ。アマゾンとグーグルが第3四半期の実績を発表した時も市場は同じく反応し、株価が急落した。

同日の市場の動きを受け、ティム・クック最高経営責任者(CEO)は「2019年度からは販売台数の発表を中止する」と発表した。クックCEOは販売台数と関連し、「マートで計算する時、店員がショッピングバッグに入れた商品の数を聞くようなもの」とし「ショッピングバッグに入れた商品全体の価額を見れば、中にある商品の数は重要ではない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  2. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  3. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…
  4. ティーウェイ航空は日韓線の再開を記念し、成田、関西発着の仁川線で「Tway FREE wayキャンペ…
  5. グローバル決済大手「ペイパル」が来年、グローバル市場を対象に仮想資産サービスを開始する一方、現在1…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »