韓国株、コスピ上昇の勢い鈍く… 様子見姿勢

韓国株、上昇の勢い鈍く… 様子見姿勢

6日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI)は小幅上昇した。

同日のKOSPI指数は前日比12.7ポイント高の2089.62を記録した。海外勢と機関投資家の売りで下落に転じた場面もあったが、個人投資家の買い越しに支えられ、0.61%上昇で取引を終えた。市場の雰囲気は米中間選挙の動向を見極めたいという様子見姿勢が強かった。中間選挙の結果によって相場の方向性が確実になるという意見も一部では提起されている。

新興企業向け株式市場コスダック指数は0.06%安で取引を終えた。同日のコスダック指数は前日比0.39ポイント安の691.55を記録した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  2. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  3. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  4. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  5. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »