ビットコイン、6000ドルを割る…急落の原因は?

ビットコイン6000ドルを割る急落の原因は?

最近は比較的安定した値動きだったビットコインの価格が14日急落し、ここ一年での最安値水準まで後退した。

14日ブルームバーグなどの各メディアによると、世界最大規模の仮想通貨ビットコインは同日、一時11%下げた5549ドルまで下落、昨年10月以降の安値を記録した。ビットコインは今年、変動性を見せていたものの、秋に入ってからは6400ドル付近での比較的落ち着いた価格で取引されていた。

この日は他の主要仮想通貨も急激に下落している。時価総額2位のイーサリアムと3位のリップルは、17%を超える最大下落幅を記録した。ビットコインから分裂して誕生した仮想通貨であるビットコインキャッシュは21%急落した。

一部トレーダーらは、投資家らが15日に予定されていた、ビットコインキャッシュの分裂(ドフォを経て誕生する新規仮想通貨を購入するため、ビットコインを売却した事が、同日の仮想通貨市場の急落を引き起こした可能性があるとみている。

米仮想通貨投資会社BKCMの創設者であり最高経営者のブライアン・ケリー氏は、米経済チャンネルCNBCに対し、「この日の仮想通貨急落は、ビットコインキャッシュの分裂を巡る不確実性により引き起こされたようだ」と話している。

CNBCは仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)を引用して、仮想通貨全体の時価総額は過去24時間の間に150億ドル(約1兆7000億円)減少し、850億ドル(9兆6500億円)まで縮小したと報じている。これは年初に比べて70%以上減少した金額だ。

一方、クリスティーヌ・ラガルドIMF総裁がこの日、中央銀行はデジタル通貨発行について研究しなければならないと話した事を、ブルームバーグが報じている。ラガルド総裁は、「世界の各中央銀行がこのアイディアを深刻に考慮している」と、「デジタル通貨は普遍的な物ではないものの、私達はそれを深刻かつ慎重に、そして創造的に研究しなければならない」と話した。

翻訳:水野卓

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »