九州最大の韓流イベント「新韓流フェスティバル in Fukuoka」が来月開催

九州最大の韓流イベント「新韓流フェスティバル in Fukuoka」が来月開催

韓国観光公社は前年比25%増の高い成長を続けている日本からのインバウンド市場をさらに活性化するため、来月4日に福岡国際センターにて大規模な消費者イベント「新韓流フェスティバル in Fukuoka」を開催する。

今回のイベントには「韓流、テーマ観光コンテンツ大集合!」をテーマに韓国から8市道、15観光・韓流関連企業などが参加する。「地域観光」、「テーマ観光」、「観光ベンチャー」、「医療ウェルネス」、「地域名人の韓国文化体験」、「韓国料理(韓食)」など六つのテーマ館を通じて韓国の多彩な魅力を紹介する予定。

日本の親韓派芸能人も多く参加する。韓国観光名誉広報大使のスザンヌやモデルの高橋愛、料理研究家のコウケンテツ、韓国大衆文化専門家の古家正亨などが参加し、観光地、美容、料理などの韓国旅行の魅力を伝える。

また、韓国からは韓国伝統公演の魅力を紹介する舞台「宮:張緑水ストーリー」、人気DJ「DAY WALKER」の公演が用意されている。K-POPアイドルグループTRITOPSやTARGET、ASTROもステージに上がる。特にK-POPグループとスザンヌが出演するステージには7300人以上が観覧を応募し、今回のイベントに現地の関心が非常に高いことがうかがえた。

日本では最近「新韓流(第3次韓流)」の風が吹いている。2000年代初のドラマ「冬のソナタ」から始まった韓流は、東方神起やKARAなどK-POPスター中心の第2次韓流を経て、韓国の文化や生活像を広く包括する新韓流に繋がっている。韓国の食べ物の場合、キムチは既に漬け物の消費量を超えるくらい人気が高く、韓国のファンションやビューティーなどは若い女性から高い支持を得ている。

韓国観光公社のイム・ヨンムク福岡支社長は「日本の韓流はもはやドラマやK-POPの領域を超え、韓国料理やコスメ、ファッションなど韓国人の生活様式全般へ広がる様子をみせている」とし「今回のイベント開催をきっかけに新韓流の拡散はもちろん、日本人観光客の誘致も加速させていく」との考えを示した。

翻訳:尹怡景

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る