世界の中央銀行、デジタル貨幣発行を研究中

世界の中央銀行、デジタル貨幣発行を研究中

■中央銀行の70%がCBDC研究中
8日(現地時間)、ビットコイニストが国際決済銀行(BIS)の最新報告書を引用して報道した記事によると、全世界63の中央銀行の約70%である44カ所の中銀が政府発行のデジタルマネー(CBDC)の研究を進めていることが分かった。しかし、ほとんどが研究を開始したばかりで、概念実証(PoC)段階にとどまっている。実際にCBDC発行計画を進行中の中銀はまだ5ヶ所に過ぎない。

■欧州中央銀行役員、仮想通貨市場の崩壊の可能性を提起
8日(現地時間)CCNによると、欧州中央銀行(ECB)の政策委員であり、エストニアの中央銀行首長のであるアルード。ハンソン総裁は「仮想通貨は常識的に話にならない存在」とし「崩壊が始まった」と述べた。また「本質的に不安定性を持つ仮想通貨は、17世紀オランダのチューリップ・バブルよりも危険だ」とし「おばあちゃんたちまでも投資を始めたとしたら、明らかな破局の警告だ」と主張した。

■イスラエル経済首長、「政府発行のデジタルマネーはない」
イスラエルの国家経済委員会のアビ・シンホン議長が仮想通貨市場への批判的な見解を明らかにした。8日(現地時間)コインテレグラフによると、シンホン議長は、イスラエル政府がデジタルマネーを発行することはないと釘を刺した。また「ビットコインは、本質的に非効率的な商品」とし「ビットコインは間もなく市場から退出されるだろう」と主張した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »