Bakkt、1月中に先物取引の承認を得るか?

■Bakkt、先物取引企業の資産を買収
ニューヨーク証券取引所の親会社ICEが運営する仮想通貨取引プラットフォーム「バックト(Bakkt)」が先物仲介企業ローゼンタール・コリンズグループ(RCG)の一部資産を買収したと14日(現地時間)、海外メディアが報じた。バックトは自社のブログで「RCGの法務及び財務サービス、リスク管理などの運営に関連する資産の一部を買収した」と伝えた。一方、バックトは1月24日にビットコイン先物の取引を開始するという計画だが、米商品先物取引委員会(CFTC)はまだバックトのビットコイン先物取引を承認していない。

■ビットメイン、海外事業を相次いで撤退
世界最大のマイニング企業として知られている中国のビットメインが事業不振で海外事業を相次いで撤退していると14日(現地時間)CCNが報じた。記事によると、ビットメインは昨年末、イスラエルの研究センターの閉鎖に続き、最近は米テキサス州のマイニング施設とオランダ・アムステルダムの事務所まで運営を中断したという。仮想通貨の価値下落による採算性の悪化が原因として挙げられる。CCNによると、マイニング企業では最近、リストラやIPO難航など困難が続いていると伝えた。

■「51%攻撃」のハッカーが10万ドルを返還
51%攻撃を受けた仮想通貨取引所Gate.ioは、約10万ドルに相当するイーサリアム・クラシック(ETC)をハッカーから返還されたと伝えた。コインデスクによると、Gate.ioは最近51%攻撃で約20億ドルほどの被害を受けたが、身元不明のハッカーが被害額の半分にあたる10万ドルを返還したことが確認された。Gate.io側は51%攻撃を加えたハッカーがセキュリティ上の透きを発見し、警告するなど、善意を持った「ホワイトハッカー」と推定していると明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  2. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  3. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  4. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  5. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »