Bakkt、1月中に先物取引の承認を得るか?

■Bakkt、先物取引企業の資産を買収
ニューヨーク証券取引所の親会社ICEが運営する仮想通貨取引プラットフォーム「バックト(Bakkt)」が先物仲介企業ローゼンタール・コリンズグループ(RCG)の一部資産を買収したと14日(現地時間)、海外メディアが報じた。バックトは自社のブログで「RCGの法務及び財務サービス、リスク管理などの運営に関連する資産の一部を買収した」と伝えた。一方、バックトは1月24日にビットコイン先物の取引を開始するという計画だが、米商品先物取引委員会(CFTC)はまだバックトのビットコイン先物取引を承認していない。

■ビットメイン、海外事業を相次いで撤退
世界最大のマイニング企業として知られている中国のビットメインが事業不振で海外事業を相次いで撤退していると14日(現地時間)CCNが報じた。記事によると、ビットメインは昨年末、イスラエルの研究センターの閉鎖に続き、最近は米テキサス州のマイニング施設とオランダ・アムステルダムの事務所まで運営を中断したという。仮想通貨の価値下落による採算性の悪化が原因として挙げられる。CCNによると、マイニング企業では最近、リストラやIPO難航など困難が続いていると伝えた。

■「51%攻撃」のハッカーが10万ドルを返還
51%攻撃を受けた仮想通貨取引所Gate.ioは、約10万ドルに相当するイーサリアム・クラシック(ETC)をハッカーから返還されたと伝えた。コインデスクによると、Gate.ioは最近51%攻撃で約20億ドルほどの被害を受けたが、身元不明のハッカーが被害額の半分にあたる10万ドルを返還したことが確認された。Gate.io側は51%攻撃を加えたハッカーがセキュリティ上の透きを発見し、警告するなど、善意を持った「ホワイトハッカー」と推定していると明らかにした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
  2. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  4. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  5. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
ページ上部へ戻る
Translate »