Bakktが大規模の採用開始…実際にサービスはまだ未定

Bakktが大規模の採用開始…実際にサービスはまだ未定

仮想通貨市場の注目を集めている仮想通貨プラットフォームBakkt(バックト)がサービス開始を控え、大規模の採用計画を実施した。同社は合計8つの分野で求人を実施している。今月24日にサービス開始を予告し、そのための人力補強と見られるが、実際にその日にサービスが開始されるのかどうかは、まだ不透明な状況だ。

海外メディアによると、バックトはモバイルとブロックチェーン開発経験があるソフトウェア開発者、北米やアジア地域セールス担当者、財務、セキュリティエンジニアリング、ブロックチェーンエンジニアリングなどの求人を実施している。

現物ベースのビットコイン先物上場を24日に開始すると前もって予告しており、そのための準備の一環と見られる。しかし、米商品先物取引委員会(CFTC)からはまだバックトのビットコイン先物取引を承認していないのが問題。さらに最近、米国連邦政府のシャットダウンの長期化やサービスのためのシステム準備の不備などの問題が浮上し、サービス開始が再び延期されるとの観測が出ている。

バックトが準備中の現物ベースのビットコイン先物は、既存の現金決済ベースのビットコイン先物とは異なり、ビットコインで直接決済する方式を採用。そのため、正式に上場されれば、ビットコインに対する需要が大きく増加すると期待され、投資家の注目を浴びている。

【Bakktのビットコイン先物取引】

Bakkt、1月中に先物取引の承認を得るか?

Bakktのビットコイン先物取引を米当局が承認?…高まる期待感

Bakkt、ビットコイン先物取引を来年に延期

仮想通貨界の大物「Bakktのビットコイン先物は巨大なシグナル」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »