金正恩氏の最側近が訪米… 高まる「スモールディール」可能性

金正恩氏の最側近が訪米… 高まる「スモールディール」可能性

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の最側近と知られている金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が18日、米国のポンペオ国務長官との高位級会談のために、米・ワシントンを訪問する。同日の午後にはトランプ米大統領と会い、金正恩委員長の書簡を渡すと見られる。

金副委員長とポンペオ長官の高位級会談を通じて米朝は2回目の首脳会談で取り上げる議題をおおむね決めると見られる。一部では、北朝鮮の「大陸間弾道ミサイル(ICBM)廃棄」と米国の「対北朝鮮制裁の緩和」を取り交わす、いわゆる「スモールディール」の可能性を提起している。

韓国の牙山政策研究院安保統一センター長のシン・ボムチョル氏は、「2回目の米朝首脳会談で、米国の1次目標は核申告と検証」とし「ただ意のままにならない場合は、ICBMの廃棄だけを北朝鮮に要求する可能性があるが、最初からこれを優先することはないだろう」と予想した。

韓国では今回の米朝高位級会談で、北朝鮮は昨年9月の平壌共同宣言で明らかにした「寧辺核施設の廃棄」を出し、米国は対北朝鮮制裁緩和措置として「開城工業団地と金剛山観光の再開」をカードとして提示する可能性が高いと見ている。しかし、次の段階に進むには、米国が直接参加して核施設の廃棄措置を実際に検証する作業が不可欠。

シン氏は「現在の状況で核廃棄への検証がない場合、米朝の高位級会談と首脳会談は意味がない。そのため、今回は北朝鮮も非核化措置に対する米国の検証を受け入れる可能性が高い」とし「(交渉成功の)カギは、北朝鮮がどのレベルまで検証に応じるかにかかっている」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 電車の中で大変そうに立っている老人と席に座っていた若者の写真をめぐり非難の声が殺到している。…
  2. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  3. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  4. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  5. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る