北朝鮮メディア、米国に「制裁緩和」を強調

北朝鮮メディア、米国に「制裁緩和」を強調

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は30日、制裁緩和なしに関係改善もないとの論調の社説を出した。

社説では「関係改善と制裁は絶対に両立することができない」とし「非核化が実現されるまで対朝鮮制裁圧力を継続すべきだと主張する人は、朝米関係の改善と朝鮮半島の情勢安定を望んでいない」と強調した。

また「朝鮮半島に恒久的かつ強固な平和体制を構築しようとすることが、私たちの確固たる立場」とし、米国に制裁緩和を要求した。

韓国メディアは労働新聞の社説について、「2回目の米朝首脳会談が事実上実現となった中、米国国内で出ている制裁緩和の動きに対する批判の声を牽制する狙い」と分析している。

【注目される米朝首脳会談】

金正恩氏、トランプ氏からの親書に「大きな満足」

米朝首脳会談、開催場所はハノイかダナンか…米朝両者に近しいベトナムが有力

韓国統一部、「2回目の米朝首脳会談開催を歓迎…成功を期待」

金正恩氏の最側近が訪米… 高まる「スモールディール」可能性

金正恩氏、トランプ氏からの書簡を受領…加速する米朝首脳会談?

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »