フェイスブック、仮想通貨発行を検討中

フェイスブック、仮想通貨発行を検討中

個人情報の流出に苦しめられたフェイスブックが、ブロックチェーン部署の立ち上げに続き自社仮想通貨の発行についても検討中だという。現地時間の5月11日、IT専門媒体であるチェダーが関係者の証言をもとに下記のように報道した。

フェイスブックは先週初め、大々的な組織再編によりブロックチェーンの専門部署を新設し、人々の期待感を煽った。ブロックチェーン部署の総括には、メッセンジャーアプリ事業を率いていたデイビッド・マーカス副社長が内定した。電子決済サービスを行うPayPal社の代表を務めていた彼は、アメリカ最大の仮想通貨取引所であるコインベースの理事も兼任している。

これら内容の真偽を問う質問にフェイスブック社の広報担当者は、仮想通貨の発行を検討中との内容については否定しなかったが、この構想は依然として初期段階であると強調した。

また彼は「多くの企業と同様に、我々もブロックチェーン技術の活用策を探っている。今回新設されたチームが多様な適用事例を挙げるつもりでいる。現時点ではこれ以上話すことはない」とした。

フェイスブックのブロックチェーンに対する研究は、実際に結果を出すまで数年がかかる可能性もあると関係者は付け加えた。マーカス新総括は去る2月、米経済番組CNBCのインタビュー内で「仮想通貨を利用した決済は、手数料が高額でしかも遅い。ブロックチェーンのコミュニティがこのような問題を解決しなければならない。その後で、我々もブロックチェーンを用いてできることがあるだろう」という立場を明らかにした。

これに先立ち、同じくSNS企業であるテレグラム社もまた、自社の仮想通貨‘グラム(Gram)’を開発した。プリセールスで17億ドル(約1兆8000億ウォン)を売り上げた同社は先週、新規仮想通貨公開(ICO)計画を中止した。これは米証券取引委員会(SEC)などの規制圧力が高まったことによる負担感のためだ。

翻訳者:M.INOKUCHI

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る