レーダー照射VS近接飛行…冷静な対応求める韓国専門家ら

レーダー照射VS近接飛行…冷静な対応求める韓国専門家ら

悪化の一途をたどる日韓関係を憂慮する声が高まっている。レーダー照射問題と近接威嚇飛行を巡る日韓の対立がだんだんとエスカレートし、関係改善は期待できない状況にまで発展しているからだ。韓国の専門家らは、韓国政府が日本の意図を把握し冷静に対応しなければならないと指摘している。また、両国が向かい合って問題を解決する必要があるという意見もある。

韓国国防部は24日、先月20日に日本哨戒機が韓国海軍艦艇に向かって威嚇飛行をした時点から今まで、合計4回にわたって哨戒機の近接威嚇飛行があったと発表した。特に海上自衛隊の哨戒機が24日、韓国海軍の駆逐艦「大祚栄(テジョヨン)」の右舷60mの高さまで接近したと主張し、当時撮影した写真を公開した。

韓国軍の関係者は、「動画も撮ったが、あまりにも短った。写真がより明確だ」とし「機械(カメラ)は嘘をしない。これにより、日本防衛省の主張に反論することができる」と強調した。一方、日本は、哨戒機の接近威嚇飛行を認めず、近距離で飛行する意図も理由もないと反論している。また「国際法規、国内法にのっとって常に適切に警戒監視活動を行っている」とし、当時の高度と距離について「150メートル以上の高度で、距離は1000メートル以上離していた」と主張した。

日本側の反論に、韓国ではこれまでの哨戒機による近接飛行の映像を全て公開するべきだとの意見も出ている。韓国国防安保フォーラムのムン・グンシク対外協力局長は「艦艇の乗組員が感じた威嚇を国際社会に積極的に知らせる必要がある」とし「韓国軍は今月にあった哨戒機による威嚇飛行の撮影映像を全て公開すべきだ。また、米国にも積極的に仲裁に乗り出してもらうように働かなければならない」と強調している。

しかし、韓国の一部専の門家は、韓国政府に冷静な対応を求めている。韓国が最近の軍事的な緊張を‟日本の挑発”と判断し、武力を使用するととんでもない結果になると警告した。

国民大学のパク・フィラク政治大学院教授は「今はそれぞれの主張だけがある。まずは第3機関を通じて韓国軍の主張を検証して明確にした後、日本との対話に乗り出す必要がある」とし「韓国と日本は、基本的に友好国との関係であり、友好国として賢く解決を考えなければならない」と述べた。

【冷え込む日韓関係】

韓国、近接飛行の映像公開を検討

日韓外相会談、レーダー照射問題・非核化問題論議

韓国国防部、「日本哨戒機がまた近接飛行」

韓国、「レーダー照射問題を米国と共有」

日韓外相会談、関係改善になるか…北朝鮮問題で日本の協力を求める韓国

「日本と価値共有」が削除…レーダー照射問題で韓国国防白書にも変化か

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る