韓国、近接飛行の映像公開を検討

韓国、近接飛行の映像公開を検討

韓国軍当局が、自衛隊哨戒機の近接威嚇飛行を証明する映像の公開を検討していることが分かった。韓国メディアが24日、報じた。

韓国軍は前日、緊急会見を開き、「韓国南海の離於島(イオド)近海で日本哨戒機が韓国海軍艦艇に向かって近接威嚇飛行をした」と発表した。韓国軍によると、当時哨戒機の高度は60~70メートルで、艦艇からの距離は540メートル。韓国軍は「明白な挑発行為」とし、強く日本側を批判した。しかし、日本側は「通常の警戒・監視活動をしていた」とし、韓国側が主張する近接威嚇飛行はなかったと否定している。

これを受け、韓国軍の関係者はメディアに「艦艇のカメラやビデオカメラに当時の全体的な状況が録画されている」とし「日本の主張に反論することができる映像を一部編集し、今日中に公開することもできる」と伝えた。

韓国メディアによると、軍当局は録画された映像をいつ、どのくらいのレベルで公開するかなどをめぐり、内部で議論しているという。近接威嚇飛行されたと韓国が主張する艦艇は「大祚栄(テジョヨン)艦」で、同艦には赤外線・光学カメラなどの映像撮影装備と、3次元海上監視レーダー(MW08)も搭載されている。

【冷え込む日韓関係】

日韓外相会談、レーダー照射問題・非核化問題論議

韓国国防部、「日本哨戒機がまた近接飛行」

韓国、「レーダー照射問題を米国と共有」

日韓外相会談、関係改善になるか…北朝鮮問題で日本の協力を求める韓国

「日本と価値共有」が削除…レーダー照射問題で韓国国防白書にも変化か

韓国、レーダー照射を巡り「反論映像」公開

韓国外交部、日本側に遺憾表明…「レーダー問題確認無しで一方的に公開」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る