数十匹の犬が餓死…ペットショップ店主の執行猶予にネット炎上

写真(動物自由連帯が提供)

数十匹の犬が餓死…ペットショップ店主の執行猶予にネット炎上

犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。

韓国・大田(テジョン)地裁は14日、動物保護法違反などの疑いで起訴されたA(28)氏に対する控訴審でA氏の控訴を棄却し、懲役8か月に執行猶予2年を言い渡した原審の判決を維持した。

A氏は2017年7月、経営していたペットショップの犬160匹を放置し、そのうち79匹を餓死させたとして起訴された。

発見当時、相当数の犬の死骸は頭蓋骨や肋骨が完全に見えるほど腐敗が進んでいた。生き残った犬も長期間にわたる飢えなどで麻疹などの伝染病にかかっていたことが分かった。

A氏は警察の証拠収集過程に問題を提起したが、裁判所はこれを受け入れなかった。

裁判所は「動物を物として扱いする時代は過ぎた。被告人は約70匹を餓死させるなど、猟奇的な犯行で国民の怒りを買った」とし「被告は警察の令状主義違反やペットショップ職員らの供述が嘘だと主張して控訴したが、これは刑を下す際に原判決で充分考慮に入れたこと」と棄却の理由を説明した。

しかしネット上では2審判決について「軽い」とし反発の声が殺到している。

ネットでは「猟奇的な犯行だと言いながら、たったの執行猶予かよ」「人にすれば殺人犯と一緒なのに刑が軽過ぎ」「動物関連の法律がさらに強化されるべき」などの反応が寄せられている。

翻訳:尹怡景

【韓国の動物虐待】
今、韓国に必要なのは 『犬・猫屠殺禁止法』…100万頭が虐待
残忍な韓国人…犬3頭を18階から投げ落とす
毎年増加する動物実験… 昨年300万頭が犠牲に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国裁判所は25日、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが申請した三菱重工業の韓国内資産の差し押さえ…
  2. 米国債3ヶ月物の利回りが、10年物の利回りを上回った。これは世界金融危機直前の2007年以降12年振…
  3. 韓国株式市場が25日、世界的な景気鈍化への懸念で大幅下落でスタートした。…
  4. 韓国男性全体のイメージダウンへと繋がってしまったクラブ・バーニングサン事件。イ・ムンド代表はマスコミ…
  5. 仮想通貨業界の代表的な楽観主義者であるビットメックスのCEOアーサー・ヘイズ氏が肯定的な見通しを出し…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る