数十匹の犬が餓死…ペットショップ店主の執行猶予にネット炎上

写真(動物自由連帯が提供)

数十匹の犬が餓死…ペットショップ店主の執行猶予にネット炎上

犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。

韓国・大田(テジョン)地裁は14日、動物保護法違反などの疑いで起訴されたA(28)氏に対する控訴審でA氏の控訴を棄却し、懲役8か月に執行猶予2年を言い渡した原審の判決を維持した。

A氏は2017年7月、経営していたペットショップの犬160匹を放置し、そのうち79匹を餓死させたとして起訴された。

発見当時、相当数の犬の死骸は頭蓋骨や肋骨が完全に見えるほど腐敗が進んでいた。生き残った犬も長期間にわたる飢えなどで麻疹などの伝染病にかかっていたことが分かった。

A氏は警察の証拠収集過程に問題を提起したが、裁判所はこれを受け入れなかった。

裁判所は「動物を物として扱いする時代は過ぎた。被告人は約70匹を餓死させるなど、猟奇的な犯行で国民の怒りを買った」とし「被告は警察の令状主義違反やペットショップ職員らの供述が嘘だと主張して控訴したが、これは刑を下す際に原判決で充分考慮に入れたこと」と棄却の理由を説明した。

しかしネット上では2審判決について「軽い」とし反発の声が殺到している。

ネットでは「猟奇的な犯行だと言いながら、たったの執行猶予かよ」「人にすれば殺人犯と一緒なのに刑が軽過ぎ」「動物関連の法律がさらに強化されるべき」などの反応が寄せられている。

翻訳:尹怡景

【韓国の動物虐待】
今、韓国に必要なのは 『犬・猫屠殺禁止法』…100万頭が虐待
残忍な韓国人…犬3頭を18階から投げ落とす
毎年増加する動物実験… 昨年300万頭が犠牲に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  2. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  3. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  4. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…
  5. 米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る