数十匹の犬が餓死…ペットショップ店主の執行猶予にネット炎上

写真(動物自由連帯が提供)

数十匹の犬が餓死…ペットショップ店主の執行猶予にネット炎上

犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。

韓国・大田(テジョン)地裁は14日、動物保護法違反などの疑いで起訴されたA(28)氏に対する控訴審でA氏の控訴を棄却し、懲役8か月に執行猶予2年を言い渡した原審の判決を維持した。

A氏は2017年7月、経営していたペットショップの犬160匹を放置し、そのうち79匹を餓死させたとして起訴された。

発見当時、相当数の犬の死骸は頭蓋骨や肋骨が完全に見えるほど腐敗が進んでいた。生き残った犬も長期間にわたる飢えなどで麻疹などの伝染病にかかっていたことが分かった。

A氏は警察の証拠収集過程に問題を提起したが、裁判所はこれを受け入れなかった。

裁判所は「動物を物として扱いする時代は過ぎた。被告人は約70匹を餓死させるなど、猟奇的な犯行で国民の怒りを買った」とし「被告は警察の令状主義違反やペットショップ職員らの供述が嘘だと主張して控訴したが、これは刑を下す際に原判決で充分考慮に入れたこと」と棄却の理由を説明した。

しかしネット上では2審判決について「軽い」とし反発の声が殺到している。

ネットでは「猟奇的な犯行だと言いながら、たったの執行猶予かよ」「人にすれば殺人犯と一緒なのに刑が軽過ぎ」「動物関連の法律がさらに強化されるべき」などの反応が寄せられている。

翻訳:尹怡景

【韓国の動物虐待】
今、韓国に必要なのは 『犬・猫屠殺禁止法』…100万頭が虐待
残忍な韓国人…犬3頭を18階から投げ落とす
毎年増加する動物実験… 昨年300万頭が犠牲に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »