ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中

ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中

‐「携帯利用料無料」を武器に利用者拡大中
‐金融取引や支払いに信用を保障した「暗号信用貨幣」が注目

モバイル採掘コインの革新と呼ばれる「エドラ・コイン」を開発した韓国のブロックチェーン企業エドラ(EDRA)が、「暗号信用貨幣・プロジェクト」で日本進出を本格化する。

ブロックチェーン基盤のIT企業エドラ(代表クァン・ジュンギュ)は6日、韓国の㈱スターピック・エンターテイメント、日本の㈱帝美と共に、新会社の㈱テイヨ(Teiyo)を設立したと発表した。

帝美は、美容、化粧品、電子製品関連商品の販売、エンターテイメント分野の事業を主軸にビジネスを展開している企業で、「ブロックチェーン・プラットフォームに特化されたノウハウを持つエドラと共に、日本市場から全世界に暗号信用貨幣事業を拡大していきたい」と今後の抱負を述べた。

3社による新会社テイヨは、エンターテイメント・コンテンツと流通を結合させる「暗号信用貨幣」を通じ、グローバル生態系を構築する計画だ。暗号信用貨幣とは、既存の仮想通貨に信用という概念を導入した、新しい形のブロックチェーン・プロジェクトで、ブロックチェーン生態系を利用する一般消費者と供給者に「金融取引と支払いの信用」を保障し、より安定した貨幣価値を提供しようというのが、このプロジェクトの目標。

特にスマートフォンで仮想通貨の採掘が可能なエドラのモバイル・ブロックチェーン・プラットフォームは、公開直後から利用者らの大きな関心を集めたメインコンテンツ。自身のスマートフォンで採掘したエドラ・コインで、通信料金や端末代金などを支払う事が出来るシステムを構築し、韓国の利用者らの大きな支持を得ている。

テイヨは、エドラの革新的なモバイル・ブロックチェーン・プラットフォームを日本でも公開する予定で、「通信料金を無料で提供するモバイル・ブロックチェーンは、消費者にとって大変魅力的なサービスであり、変動リスクが大きく利用者らに信頼を与える事が出来なかった、既存の仮想通貨の限界を解決出来るソリューションになる」と自信をのぞかせた。

またテイヨは、「仮想通貨の信用を保障するための多様な金融戦略を保有しており、これらの戦略については、数多くの企業が関心を寄せている。プロジェクトの規模は、継続して拡大して行くと期待している」と話している。プロジェクトに参加する企業は、追って発表される。

テイヨは、エドラ・ウォレットの設置イベントや、エドラ・スマートフォン・サービスのイベントを、2019年上半期中に日韓両国で開催する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  3. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  4. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…

おすすめ記事

  1. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  2. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  3. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  4. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  5. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
ページ上部へ戻る
Translate »