ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中

ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中

‐「携帯利用料無料」を武器に利用者拡大中
‐金融取引や支払いに信用を保障した「暗号信用貨幣」が注目

モバイル採掘コインの革新と呼ばれる「エドラ・コイン」を開発した韓国のブロックチェーン企業エドラ(EDRA)が、「暗号信用貨幣・プロジェクト」で日本進出を本格化する。

ブロックチェーン基盤のIT企業エドラ(代表クァン・ジュンギュ)は6日、韓国の㈱スターピック・エンターテイメント、日本の㈱帝美と共に、新会社の㈱テイヨ(Teiyo)を設立したと発表した。

帝美は、美容、化粧品、電子製品関連商品の販売、エンターテイメント分野の事業を主軸にビジネスを展開している企業で、「ブロックチェーン・プラットフォームに特化されたノウハウを持つエドラと共に、日本市場から全世界に暗号信用貨幣事業を拡大していきたい」と今後の抱負を述べた。

3社による新会社テイヨは、エンターテイメント・コンテンツと流通を結合させる「暗号信用貨幣」を通じ、グローバル生態系を構築する計画だ。暗号信用貨幣とは、既存の仮想通貨に信用という概念を導入した、新しい形のブロックチェーン・プロジェクトで、ブロックチェーン生態系を利用する一般消費者と供給者に「金融取引と支払いの信用」を保障し、より安定した貨幣価値を提供しようというのが、このプロジェクトの目標。

特にスマートフォンで仮想通貨の採掘が可能なエドラのモバイル・ブロックチェーン・プラットフォームは、公開直後から利用者らの大きな関心を集めたメインコンテンツ。自身のスマートフォンで採掘したエドラ・コインで、通信料金や端末代金などを支払う事が出来るシステムを構築し、韓国の利用者らの大きな支持を得ている。

テイヨは、エドラの革新的なモバイル・ブロックチェーン・プラットフォームを日本でも公開する予定で、「通信料金を無料で提供するモバイル・ブロックチェーンは、消費者にとって大変魅力的なサービスであり、変動リスクが大きく利用者らに信頼を与える事が出来なかった、既存の仮想通貨の限界を解決出来るソリューションになる」と自信をのぞかせた。

またテイヨは、「仮想通貨の信用を保障するための多様な金融戦略を保有しており、これらの戦略については、数多くの企業が関心を寄せている。プロジェクトの規模は、継続して拡大して行くと期待している」と話している。プロジェクトに参加する企業は、追って発表される。

テイヨは、エドラ・ウォレットの設置イベントや、エドラ・スマートフォン・サービスのイベントを、2019年上半期中に日韓両国で開催する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  2. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  3. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  4. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  5. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »