ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中

ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中

‐「携帯利用料無料」を武器に利用者拡大中
‐金融取引や支払いに信用を保障した「暗号信用貨幣」が注目

モバイル採掘コインの革新と呼ばれる「エドラ・コイン」を開発した韓国のブロックチェーン企業エドラ(EDRA)が、「暗号信用貨幣・プロジェクト」で日本進出を本格化する。

ブロックチェーン基盤のIT企業エドラ(代表クァン・ジュンギュ)は6日、韓国の㈱スターピック・エンターテイメント、日本の㈱帝美と共に、新会社の㈱テイヨ(Teiyo)を設立したと発表した。

帝美は、美容、化粧品、電子製品関連商品の販売、エンターテイメント分野の事業を主軸にビジネスを展開している企業で、「ブロックチェーン・プラットフォームに特化されたノウハウを持つエドラと共に、日本市場から全世界に暗号信用貨幣事業を拡大していきたい」と今後の抱負を述べた。

3社による新会社テイヨは、エンターテイメント・コンテンツと流通を結合させる「暗号信用貨幣」を通じ、グローバル生態系を構築する計画だ。暗号信用貨幣とは、既存の仮想通貨に信用という概念を導入した、新しい形のブロックチェーン・プロジェクトで、ブロックチェーン生態系を利用する一般消費者と供給者に「金融取引と支払いの信用」を保障し、より安定した貨幣価値を提供しようというのが、このプロジェクトの目標。

特にスマートフォンで仮想通貨の採掘が可能なエドラのモバイル・ブロックチェーン・プラットフォームは、公開直後から利用者らの大きな関心を集めたメインコンテンツ。自身のスマートフォンで採掘したエドラ・コインで、通信料金や端末代金などを支払う事が出来るシステムを構築し、韓国の利用者らの大きな支持を得ている。

テイヨは、エドラの革新的なモバイル・ブロックチェーン・プラットフォームを日本でも公開する予定で、「通信料金を無料で提供するモバイル・ブロックチェーンは、消費者にとって大変魅力的なサービスであり、変動リスクが大きく利用者らに信頼を与える事が出来なかった、既存の仮想通貨の限界を解決出来るソリューションになる」と自信をのぞかせた。

またテイヨは、「仮想通貨の信用を保障するための多様な金融戦略を保有しており、これらの戦略については、数多くの企業が関心を寄せている。プロジェクトの規模は、継続して拡大して行くと期待している」と話している。プロジェクトに参加する企業は、追って発表される。

テイヨは、エドラ・ウォレットの設置イベントや、エドラ・スマートフォン・サービスのイベントを、2019年上半期中に日韓両国で開催する予定だ。

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る