バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

■バイナンスコインが急上昇
仮想通貨市場がなかなか低迷から抜け出せずにいる中、バイナンスコイン(BNB)の急成長が注目を集めている。

7日(現地時間)、コインマーケットキャップによると、年初の1月時点で6ドル台だったバイナンスコインは最近15ドル台にまで急騰した。現在の時価総額は21億7000万ドルで、テザー(USDT)を抜いて時価総額順位7位にランクインした。

バイナンスコインの急成長の背景には中国系仮想通貨取引所であるバイナンスの活発な活動がある。バイナンスの最高経営責任者ジャオ・チャンポン氏はツイッターに「BNBがビットコインの影響から脱し、独自の路線を歩んでいる」と評価した。

■中国アリババ、ブロックチェーンの導入を検討
中国最大の電子商取引企業アリババ集団がサプライチェーン管理システム(SCM)にブロックチェーン技術の導入を検討することが分かった。

7日(現地時間)、コインテレグラフによると、アリババのリュー・ソン副社長はメディアとのインタビューで「複雑なサプライチェーン管理システムにブロックチェーンの技術を適用することを検討している」と述べた。

アリババはモノのインターネット(IoT)に加え、ブロックチェーンの技術をサプライチェーン管理の効率を高める解決策の一つとして認識しているようだ。アリババは昨年12月にも、ブロックチェーン基盤のサプライチェーン管理プラットフォームの開発に言及したことがあるなど、関連技術の開発に積極的な姿勢を見せている。

■ライトコイン、イオスを抜いて時価総額4位に
ライトコイン(LTC)がイオス(EOS)を抜いて時価総額4位にあがった。コインマーケットキャップによると、ライトコインは7日時点で時価総額34億3000万ドルを達成し、時価総額34億2000万ドルを記録したイオスを上回った。海外メディアは、今年に入って上昇し続けたライトコインが主要アルトコインとして位置づけていると評価している。

【ビットコインの市況】
ギャラクシーS10にビットコインはなかった?イーサリアムだけが確認
ブロックチェーンへの投資規模、昨年より2倍増加予想
ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中
ビットコインの商用化…スタバが解決のカギ?
ビットコインが急落…3800ドル台を割り込む
ビットコイン、攻防続く相場…一時3800ドル割り込む

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国著作権庁が21日、自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏が申請したビットコインのホワイトペーパ…
  2. 米国のドナルド・トランプ大統領が19日、イランに強力な最終警告を投げ掛けた。この日の警告は、イラクの…
  3. 脱北女性の多くが中国で売春などを強要されていると、英国の民間団体が発表した。…
  4. 米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETF(上場投資信託)の承認判断を再び延期した。SECは2…
  5. 「韓国経済、下落に突入…2020年代には成長率1%台」 -生産性の鈍化で成長率は下落…拡張的…

おすすめ記事

  1. 2019-5-20

    ファーウェイ、「米市場を放棄してでも、妥協はしない」…攻勢に出る中国

    米中貿易交渉を再開するための最後のチャンネルと期待されている、両国の高位級貿易交渉が岐路に立たされて…
  2. 2019-5-14

    激化する米中貿易摩擦、次は通貨安競争か

    貿易交渉で対立している米国と中国が、最悪の状況を想定した防御の準備に苦心している模様だ。安定に維持し…
  3. 2019-5-13

    Uberも上場直後から株価急落…スタートアップの限界露呈?

    2014年のアリババ上場後、約5年振りの超大型新規株式公開(IPO)として注目を集めていたUberだ…
  4. 2019-5-9

    イラン、核開発再開を宣言… 緊張感高まる中東情勢

    イランが西側諸国と2015年に締結した核合意の履行を一部停止するとの方針を8日(現地時間)に打ち出し…
  5. 2019-5-8

    再び浮上する「北朝鮮リスク」…韓国の国家信用等級格上げは遠く

    韓国の国家信用等級格上げの障害となっていた北朝鮮リスクが、再び浮上する兆候がみられる。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る