バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

■バイナンスコインが急上昇
仮想通貨市場がなかなか低迷から抜け出せずにいる中、バイナンスコイン(BNB)の急成長が注目を集めている。

7日(現地時間)、コインマーケットキャップによると、年初の1月時点で6ドル台だったバイナンスコインは最近15ドル台にまで急騰した。現在の時価総額は21億7000万ドルで、テザー(USDT)を抜いて時価総額順位7位にランクインした。

バイナンスコインの急成長の背景には中国系仮想通貨取引所であるバイナンスの活発な活動がある。バイナンスの最高経営責任者ジャオ・チャンポン氏はツイッターに「BNBがビットコインの影響から脱し、独自の路線を歩んでいる」と評価した。

■中国アリババ、ブロックチェーンの導入を検討
中国最大の電子商取引企業アリババ集団がサプライチェーン管理システム(SCM)にブロックチェーン技術の導入を検討することが分かった。

7日(現地時間)、コインテレグラフによると、アリババのリュー・ソン副社長はメディアとのインタビューで「複雑なサプライチェーン管理システムにブロックチェーンの技術を適用することを検討している」と述べた。

アリババはモノのインターネット(IoT)に加え、ブロックチェーンの技術をサプライチェーン管理の効率を高める解決策の一つとして認識しているようだ。アリババは昨年12月にも、ブロックチェーン基盤のサプライチェーン管理プラットフォームの開発に言及したことがあるなど、関連技術の開発に積極的な姿勢を見せている。

■ライトコイン、イオスを抜いて時価総額4位に
ライトコイン(LTC)がイオス(EOS)を抜いて時価総額4位にあがった。コインマーケットキャップによると、ライトコインは7日時点で時価総額34億3000万ドルを達成し、時価総額34億2000万ドルを記録したイオスを上回った。海外メディアは、今年に入って上昇し続けたライトコインが主要アルトコインとして位置づけていると評価している。

【ビットコインの市況】
ギャラクシーS10にビットコインはなかった?イーサリアムだけが確認
ブロックチェーンへの投資規模、昨年より2倍増加予想
ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中
ビットコインの商用化…スタバが解決のカギ?
ビットコインが急落…3800ドル台を割り込む
ビットコイン、攻防続く相場…一時3800ドル割り込む

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「国際原油価格は最高で150ドルまで上昇し、世界経済は米国を含め沈滞に陥り、世界経済の脱石油化が加速…
  2. 動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競…
  3. 22日午前4時25分頃、シンガポール海峡近くで韓国籍の貨物船シケイブルーベル(4万4132t)が海賊…
  4. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  5. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…

おすすめ記事

  1. ムニューシン米財務長官が仮想通貨への強力な規制の意志を示した。ムニューシン長官は18日(現地時間)、…
  2. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  3. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  4. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  5. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
ページ上部へ戻る