バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

バイナンスコインが急上昇、時価総額で7位に

■バイナンスコインが急上昇
仮想通貨市場がなかなか低迷から抜け出せずにいる中、バイナンスコイン(BNB)の急成長が注目を集めている。

7日(現地時間)、コインマーケットキャップによると、年初の1月時点で6ドル台だったバイナンスコインは最近15ドル台にまで急騰した。現在の時価総額は21億7000万ドルで、テザー(USDT)を抜いて時価総額順位7位にランクインした。

バイナンスコインの急成長の背景には中国系仮想通貨取引所であるバイナンスの活発な活動がある。バイナンスの最高経営責任者ジャオ・チャンポン氏はツイッターに「BNBがビットコインの影響から脱し、独自の路線を歩んでいる」と評価した。

■中国アリババ、ブロックチェーンの導入を検討
中国最大の電子商取引企業アリババ集団がサプライチェーン管理システム(SCM)にブロックチェーン技術の導入を検討することが分かった。

7日(現地時間)、コインテレグラフによると、アリババのリュー・ソン副社長はメディアとのインタビューで「複雑なサプライチェーン管理システムにブロックチェーンの技術を適用することを検討している」と述べた。

アリババはモノのインターネット(IoT)に加え、ブロックチェーンの技術をサプライチェーン管理の効率を高める解決策の一つとして認識しているようだ。アリババは昨年12月にも、ブロックチェーン基盤のサプライチェーン管理プラットフォームの開発に言及したことがあるなど、関連技術の開発に積極的な姿勢を見せている。

■ライトコイン、イオスを抜いて時価総額4位に
ライトコイン(LTC)がイオス(EOS)を抜いて時価総額4位にあがった。コインマーケットキャップによると、ライトコインは7日時点で時価総額34億3000万ドルを達成し、時価総額34億2000万ドルを記録したイオスを上回った。海外メディアは、今年に入って上昇し続けたライトコインが主要アルトコインとして位置づけていると評価している。

【ビットコインの市況】
ギャラクシーS10にビットコインはなかった?イーサリアムだけが確認
ブロックチェーンへの投資規模、昨年より2倍増加予想
ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中
ビットコインの商用化…スタバが解決のカギ?
ビットコインが急落…3800ドル台を割り込む
ビットコイン、攻防続く相場…一時3800ドル割り込む

関連記事

ピックアップ記事

  1. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  2. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  3. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  4. 株式会社「帝美」は12月10日、東京・目黒に位置する雅叙園で開催された、会員数1000人を超える年商…
  5. ナイキが「ブロックチェーン・スニーカー」の特許を出願した。 10日(現地時間)、ザ・ブロック…

おすすめ記事

  1. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  2. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  3. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  4. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  5. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
ページ上部へ戻る