ブロックチェーンへの投資規模、昨年より2倍増加予想

ブロックチェーンへの投資規模、昨年より2倍増加予想

■2019年、世界ブロックチェーン支出88.7%増の見通し
市場調査機関IDCが2019年の世界ブロックチェーン関連の支出が昨年比88.7%増の29億ドルに達すると予想した。

コインテレグラフの報道によると、ブロックチェーン関連の支出は、銀行、保険など金融業分野が約11億ドル、製造業部門が約6億5000万ドル、流通業部門が約6億4000万ドルの支出が予想される。国別では米国が11億ドル、欧州が6億7000万ドル、中国が3億2000万ドル規模の投資が行われると見ている。IDCは2022年に全世界のブロックチェーン関連支出が117億ドルに達すると予想した。

■仮想通貨採掘量の22%は大学キャンパスで
米大学のキャンパスが仮想通貨の採掘場所として活用されていることが分かった。仮想通貨専門メディアCCNが6日に報じた記事によると、安価な電気料金に基づいて大学のキャンパス内に仮想通貨採掘機を設置して採掘する事例が大きく増え、世界採掘量の22%が大学のキャンパスで行われている。

CNNは「安価な電気料金のほか、豊富なコンピューティング機器、安定したインターネット環境、優秀な人材という点で、専門採掘業者に劣らない競争力を備えている」と分析した。

■ブロックチェーンWebブラウザ「ブレイブ(Brave)」、2000万ダウンロード突破
ブロックチェーン基盤の次世代Webブラウザである「ブレイブ(Brave)」が2000万件を超えるダウンロードを記録したことがわかった。2014年に登場したブレイブはブロックチェーン基盤の脱中央型ブラウザで、利用者が希望する形態と種類の広告やコンテンツなどを購読すると、その見返りとしてBATトークンをもらえる。

【ビットコインの市況】
ブロックチェーン企業EDRA(エドラ)、「暗号信用貨幣」で日本進出本格化…上半期中に大規模なイベントを企画中
ビットコインの商用化…スタバが解決のカギ?
ビットコインが急落…3800ドル台を割り込む
ビットコイン、攻防続く相場…一時3800ドル割り込む
ギャラクシーS10、仮想通貨4種に対応…BTC、ETHのほか2種追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  2. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  3. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  4. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  5. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »