マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

写真はユーチューブ映像やツイッターから

マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

火災が発生したパリのノートルダム大聖堂を訪問したフランスのマクロン大統領は、「最悪は避けた。国民と一緒に大聖堂を再建する」と語った。

海外メディアによると、マクロン大統領は15日、炎がある程度おさまった同日夜11時30分にノートルダム大聖堂の現場近くで「ノートルダムは私たちの歴史であり、文学、精神の一部であり、私たちの生活の中心だった」と述べた。また「フランス国民にとってとてつもない悲劇だが、私は希望を言いたい」とし「大聖堂の再建のため全国民的募金運動を開始する」と発表した。

一方、パリの最も重要な文化遺産の一つであり、観光名所のノートルダム大聖堂は、この日午後6時50分ごろ、尖塔周辺が炎に包まれた。すぐに鎮火活動が進められたが、尖塔部分が崩壊し、屋根も全焼した。

出火原因はまだ明らかになっていないが、パリ消防当局は「尖塔改修作業と関連したものとみられる」と伝えている。消防当局は消化活動が終わる次第、火災要因を調査する方針だ。一部のフランスメディアは「放火の可能性もある」と報じている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »