マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

写真はユーチューブ映像やツイッターから

マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

火災が発生したパリのノートルダム大聖堂を訪問したフランスのマクロン大統領は、「最悪は避けた。国民と一緒に大聖堂を再建する」と語った。

海外メディアによると、マクロン大統領は15日、炎がある程度おさまった同日夜11時30分にノートルダム大聖堂の現場近くで「ノートルダムは私たちの歴史であり、文学、精神の一部であり、私たちの生活の中心だった」と述べた。また「フランス国民にとってとてつもない悲劇だが、私は希望を言いたい」とし「大聖堂の再建のため全国民的募金運動を開始する」と発表した。

一方、パリの最も重要な文化遺産の一つであり、観光名所のノートルダム大聖堂は、この日午後6時50分ごろ、尖塔周辺が炎に包まれた。すぐに鎮火活動が進められたが、尖塔部分が崩壊し、屋根も全焼した。

出火原因はまだ明らかになっていないが、パリ消防当局は「尖塔改修作業と関連したものとみられる」と伝えている。消防当局は消化活動が終わる次第、火災要因を調査する方針だ。一部のフランスメディアは「放火の可能性もある」と報じている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイルス肺炎の確定患者と死者が1日の間に急増した。中国は春節休暇を延長してまで全力で対応に…
  2. 米プロバスケットボール(NBA)の伝説的なスター、コービー・ブライアント(41)が26日、ヘリコプタ…
  3. 投資コンサルティング会社「玄海インベストメントアドバイザー」が大規模な太陽光発電施設向けの新ファンド…
  4. 「新型肺炎」と呼ばれる新種のコロナウイルスの宿主がコウモリだという、中国研究者の分析が出た。…
  5. 国際通貨体制に一大変化が予告されている。欧州連合(EU)、英国、カナダ、スウェーデン、スイス、日本な…

おすすめ記事

  1. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  2. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  3. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  4. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
  5. オーストラリア南東部の史上最悪の森林火災で、今まで野生動物5億匹が死んだと推定された。米CNBCによ…
ページ上部へ戻る