マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

写真はユーチューブ映像やツイッターから

マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

火災が発生したパリのノートルダム大聖堂を訪問したフランスのマクロン大統領は、「最悪は避けた。国民と一緒に大聖堂を再建する」と語った。

海外メディアによると、マクロン大統領は15日、炎がある程度おさまった同日夜11時30分にノートルダム大聖堂の現場近くで「ノートルダムは私たちの歴史であり、文学、精神の一部であり、私たちの生活の中心だった」と述べた。また「フランス国民にとってとてつもない悲劇だが、私は希望を言いたい」とし「大聖堂の再建のため全国民的募金運動を開始する」と発表した。

一方、パリの最も重要な文化遺産の一つであり、観光名所のノートルダム大聖堂は、この日午後6時50分ごろ、尖塔周辺が炎に包まれた。すぐに鎮火活動が進められたが、尖塔部分が崩壊し、屋根も全焼した。

出火原因はまだ明らかになっていないが、パリ消防当局は「尖塔改修作業と関連したものとみられる」と伝えている。消防当局は消化活動が終わる次第、火災要因を調査する方針だ。一部のフランスメディアは「放火の可能性もある」と報じている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…
  2. 25日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI、コスピ)は5%を超える大幅の続伸を記録し1700台を…
  3. 米国のニューヨーク株式市場が新型コロナウイルス感染拡大に対する景気浮揚策への期待感から11%上昇した…
  4. 24日の韓国株は急反発し8%を超える上昇率で取引を終えた。…
  5. 中国の官営メディア新華社通信は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で事実上「封鎖措置」が取られている…

おすすめ記事

  1. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  2. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  3. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
  4. 新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてト…
  5. 1981年に発表されたディーン・クーンツの小説「闇の眼」のキーワードだ。新型コロナウイルス感染症が中…
ページ上部へ戻る
Translate »