マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

写真はユーチューブ映像やツイッターから

マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

火災が発生したパリのノートルダム大聖堂を訪問したフランスのマクロン大統領は、「最悪は避けた。国民と一緒に大聖堂を再建する」と語った。

海外メディアによると、マクロン大統領は15日、炎がある程度おさまった同日夜11時30分にノートルダム大聖堂の現場近くで「ノートルダムは私たちの歴史であり、文学、精神の一部であり、私たちの生活の中心だった」と述べた。また「フランス国民にとってとてつもない悲劇だが、私は希望を言いたい」とし「大聖堂の再建のため全国民的募金運動を開始する」と発表した。

一方、パリの最も重要な文化遺産の一つであり、観光名所のノートルダム大聖堂は、この日午後6時50分ごろ、尖塔周辺が炎に包まれた。すぐに鎮火活動が進められたが、尖塔部分が崩壊し、屋根も全焼した。

出火原因はまだ明らかになっていないが、パリ消防当局は「尖塔改修作業と関連したものとみられる」と伝えている。消防当局は消化活動が終わる次第、火災要因を調査する方針だ。一部のフランスメディアは「放火の可能性もある」と報じている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »