ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」

写真は、あるネットユーザーのツイッターから

ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」

フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。

CNNなど海外メディアによると、フランスの消防当局は16時午前9時頃(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災を完全に消火したと発表した。火事が発生してから約14時間後となる。消火活動のために投入された消防隊員は約400人にのぼる。

火災の原因を究明するための作業も本格的に開始された。パリ検察庁は、「放火の痕跡はない」とし「事故による出火と推定される」と明らかにした。検察側は50人の調査官を投入し、原因究明を進めていく方針だ。

一方、世界で最も大きくて有名なノートルダム大聖堂内のパイプオルガンは焼失を免れたことがわかった。8000以上のパイプで構成された同パイプオルガンは18世紀に設置され、主要な公共イベントなどで演奏されていた。

仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か
マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  2. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  3. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  4. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  5. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »