ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」

写真は、あるネットユーザーのツイッターから

ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」

フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。

CNNなど海外メディアによると、フランスの消防当局は16時午前9時頃(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災を完全に消火したと発表した。火事が発生してから約14時間後となる。消火活動のために投入された消防隊員は約400人にのぼる。

火災の原因を究明するための作業も本格的に開始された。パリ検察庁は、「放火の痕跡はない」とし「事故による出火と推定される」と明らかにした。検察側は50人の調査官を投入し、原因究明を進めていく方針だ。

一方、世界で最も大きくて有名なノートルダム大聖堂内のパイプオルガンは焼失を免れたことがわかった。8000以上のパイプで構成された同パイプオルガンは18世紀に設置され、主要な公共イベントなどで演奏されていた。

仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か
マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国で新型コロナウイルス事態がますます深刻さを増しているなか、政府の内部報告書が伝えられ、さらに懸念…
  2. 日本の安倍晋三首相が新型コロナウイルスの検査に「ドライブスルー」方式の導入を検討すると明らかにした。…
  3. ■中国中央銀行「CBDC開発は最優先課題」 中国の中央銀行である人民銀行が先週の3日、「中国…
  4. 米国内での新型コロナウイルス感染拡大について、ドナルド・トランプ米国大統領が「数多くの死亡者が発生す…
  5. -1ヶ月でマスク供給量は2倍に-マスク不足に対する市民意識にも変化 「薬局前の行列が消えまし…

おすすめ記事

  1. 民団中央本部の呂健二団長は8日、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大で非常事態宣言を発表したことに…
  2. 韓国では「社会的距離を置く」キャンペーンが19日まで2週間延長されたが、これまで休業を続けていた営業…
  3. 日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓…
  4. 今月1日の夜9時、夜の深まりとともに不夜城と化していた、韓国の渋谷と呼ばれる「弘大」では、まだ早い時…
  5. 韓国の文在寅大統領は30日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済危機克服策の一環として、「所得下位…
ページ上部へ戻る
Translate »