ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」

写真は、あるネットユーザーのツイッターから

ノートルダム大聖堂、火災の原因は…「放火の痕跡はない」

フランスの消防当局が16日(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災原因調査に本格的に着手した。

CNNなど海外メディアによると、フランスの消防当局は16時午前9時頃(現地時間)、ノートルダム大聖堂の火災を完全に消火したと発表した。火事が発生してから約14時間後となる。消火活動のために投入された消防隊員は約400人にのぼる。

火災の原因を究明するための作業も本格的に開始された。パリ検察庁は、「放火の痕跡はない」とし「事故による出火と推定される」と明らかにした。検察側は50人の調査官を投入し、原因究明を進めていく方針だ。

一方、世界で最も大きくて有名なノートルダム大聖堂内のパイプオルガンは焼失を免れたことがわかった。8000以上のパイプで構成された同パイプオルガンは18世紀に設置され、主要な公共イベントなどで演奏されていた。

仏ノートルダム大聖堂火災…工事中の失火か
マクロン仏大統領「ノートルダム、最悪は避けた」…再建への意志

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「国際原油価格は最高で150ドルまで上昇し、世界経済は米国を含め沈滞に陥り、世界経済の脱石油化が加速…
  2. 動画ストリーミング企業・ネットフリックス(Netflix)の有料視聴者数が米国で8年ぶりに減少し、競…
  3. 22日午前4時25分頃、シンガポール海峡近くで韓国籍の貨物船シケイブルーベル(4万4132t)が海賊…
  4. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  5. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…

おすすめ記事

  1. ムニューシン米財務長官が仮想通貨への強力な規制の意志を示した。ムニューシン長官は18日(現地時間)、…
  2. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  3. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  4. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  5. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
ページ上部へ戻る