イラン、原油輸出が完全中断状態に

イラン、原油輸出が完全中断状態に

米トランプ政権が今月初めからイランに対する制裁を強化した影響で、イランの原油輸出が事実上完全中断されたことが分かった。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は27日、イラン現地の石油取引業者の言葉として、米政府が日本や韓国を含めて8カ国にイラン産原油の輸入を例外的に許可していたことまで中断された以降、イラン産原油の直接購入が途切れた状態になったと報じた。

輸入が許可された8カ国は3月時点で一日に合計160万バレルを購入していた。匿名のイラン石油産業の関係者は「これらの国が制裁を徹底している」と明らかにした。

米国と対立している中国は、米国の対イラン制裁の再開を批判し、「イランとのエネルギー協力は正当だ」という立場を明らかにしているが、中国の小規模企業でさえイラン産原油購入を中止していることが分かった。イランの石油会社の関係者は、「米国との貿易戦争など、さまざまな問題に直面した中国は米国に何らかの口実も与えないという姿勢を取っている」と述べた。

イランは積み替えなどを利用した輸出で米国の制裁を避けることができると主張しているが、衛星で追跡することが可能で、過去の制裁の時と異なって原油価額も低いため、輸入業者があえてリスクのあるイラン産石油を購入する必要がないと判断している様子。

WSJは、イラン政界では現在、今回の制裁をきっかけに石油輸出への経済依存度を下げる機会にしなければならないという世論が高まっており、最高指導者のアリ・ハメネイ師もその中の一人だと報道した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る