Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始

Bakkt、7月よりビットコイン先物のテスト開始

■Bakkt、ビットコイン先物のテストを7月22日からテスト実施
今年中にビットコイン先物取引所を設立することを計画しているBakktは13日(現地時間)、本格的な先物取引のためのテスト運営を7月22日から実施すると公式ブログを通じて発表した。

Bakktは米ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるICEの主導で推進されている仮想通貨取引所で、マイクロソフト、スターバックスなどが投資した。昨年8月に設立を公表し、米当局の事業承認許可を待っている。Bakktのビットコイン先物は、法定貨幣(ドル)ではなく、ビットコインで支払いをすることが特徴だ。

■バイナンス、米市場進出へ
中国の仮想通貨取引所バイナンスが米国進出を準備中だと、13日(現地時間)にコインデスクが報じた。

記事によると、バイナンスはBAM取引サービスと協力してバイナンスのアメリカ支社の設立を推進している。また基本的な仮想通貨取引のほか、バイナンスの電子財布や取引マッチングサービスなどを提供する予定だという。

ライトコインが“アルトコイン強者”に… 今年に入って4倍上昇
フェイスブック、18日に仮想通貨発行か?
クレイグ・ライト氏は本当に「サトシ・ナカモト」なのか?
ローカルビットコイン、現金取引の停止を発表…BTC下落の原因か
ビットコインの投資価値、金・石油を上回る

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »