ローカルビットコイン、現金取引の停止を発表…BTC下落の原因か

ローカルビットコイン、現金取引の停止を発表…BTC下落の原因か

ピアツーピア(P2P)仮想通貨取引所ローカルビットコイン(Localbitcoins)は4日、現金での取引を停止すると発表した。

ローカルビットコインはツイッターを通じて、「マネーロンダリングとテロリストへの資金調達防止などの関連規制で、法定貨幣での取引と一部地域へのサービスを再考することになった」とし「6月1日から、特定の地域で現金による取引を停止している」と発表した。

ローカルビットコインが現金での仮想通貨取引を停止した理由は、フィンランド政府の政策によるもの。海外メディアによると、フィンランドでは今年初めに仮想通貨の規制案が含まれている新法案が可決しており、この影響でフィンランド・ヘルシンキに拠点を置いているローカルビットコインが同国の金融当局の監視を受けることになったという。

専門家らはローカルビットコインの現金取引の停止がビットコインの下落要因として働いていると指摘する。実際にビットコインの価額はローカルビットコインが一部のサービスを停止した6月1日時点から大きく下落している。

ビットコインの投資価値、金・石油を上回る
仮想通貨批判のバフェット氏、Tron創業者と昼食会…5億円で落札
ビットコインが急落…「8200ドル台の維持がカギ」
世界全体の仮想通貨取引高、日米韓が40%占める
ビットコインの著作権者がまたも登場
ビットコインSVの急騰、理由はフェイクニュース?
ビットコインの急上昇、「投資家の焦りと恐怖心理が原因」
著名な専門家“BTC 3万ドル”予測…3つの理由は?
「スペースX、仮想通貨を発行せよ」=ノボグラーツ氏
専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?
仮想通貨市場に続く追い風、ビットコイン8800ドル突破
米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る