ローカルビットコイン、現金取引の停止を発表…BTC下落の原因か

ローカルビットコイン、現金取引の停止を発表…BTC下落の原因か

ピアツーピア(P2P)仮想通貨取引所ローカルビットコイン(Localbitcoins)は4日、現金での取引を停止すると発表した。

ローカルビットコインはツイッターを通じて、「マネーロンダリングとテロリストへの資金調達防止などの関連規制で、法定貨幣での取引と一部地域へのサービスを再考することになった」とし「6月1日から、特定の地域で現金による取引を停止している」と発表した。

ローカルビットコインが現金での仮想通貨取引を停止した理由は、フィンランド政府の政策によるもの。海外メディアによると、フィンランドでは今年初めに仮想通貨の規制案が含まれている新法案が可決しており、この影響でフィンランド・ヘルシンキに拠点を置いているローカルビットコインが同国の金融当局の監視を受けることになったという。

専門家らはローカルビットコインの現金取引の停止がビットコインの下落要因として働いていると指摘する。実際にビットコインの価額はローカルビットコインが一部のサービスを停止した6月1日時点から大きく下落している。

ビットコインの投資価値、金・石油を上回る
仮想通貨批判のバフェット氏、Tron創業者と昼食会…5億円で落札
ビットコインが急落…「8200ドル台の維持がカギ」
世界全体の仮想通貨取引高、日米韓が40%占める
ビットコインの著作権者がまたも登場
ビットコインSVの急騰、理由はフェイクニュース?
ビットコインの急上昇、「投資家の焦りと恐怖心理が原因」
著名な専門家“BTC 3万ドル”予測…3つの理由は?
「スペースX、仮想通貨を発行せよ」=ノボグラーツ氏
専門家らが挙げた“ビットコイン上昇”の原動力は?
仮想通貨市場に続く追い風、ビットコイン8800ドル突破
米AT&T、通信料金を仮想通貨で支払い可能に

関連記事

ピックアップ記事

  1. トランプ大統領の訪韓が確定されたことで、両首脳が南北の非武装地帯(DMZ)を視察する可能性も浮上して…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領からの親書を受け取ったと、北朝鮮の官営メディ…
  3. ポンペオ氏「北朝鮮と交渉再開する準備できている」 米国は北朝鮮との交渉に臨む準備ができている…
  4. ビットコインが先週末の22日、1年ぶりに再び1万ドルを突破した。コインマーケットキャップによると、ビ…
  5. トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…

おすすめ記事

  1. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  2. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  3. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  4. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…
  5. 2019-6-12

    日朝が平壌で「水面下の調整」…7月平壌で首脳会談か?

    安倍晋三総理の平壌訪問に向け、日本政府の次官級官僚が最近、北朝鮮を訪問した事が分かった。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る