アップル共同創業者、「ブロックチェーンの潜在力は10年内に結実」

アップル共同創業者、「ブロックチェーンの潜在力は10年内に結実」

仮想通貨やブロックチェーンについて米国情報通信(IT)業界の大物らの希望的な発言が相次いでいる。ツイッター創業者がビットコインがインターネットの独自の通貨の役割を果たす事を願うと話したのに続き、アップル共同創業者はブロックチェーンの潜在力は10年内に完全に実を結ぶだろうとの見通しを述べた。

16日(現地時間)仮想通貨専門媒体「コインテレグラフ」によると、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏は同日、「WeAreDevelopers World Congress 2018」の開会の辞の演説で「ブロックチェーン技術は素晴らしいアイディア」と語った。

オーストリア・ウィーンで開かれた今回のイベントは世界を代表するソフトウェア開発者のカンファレンス。ウォズニアック氏は「ブロックチェーン技術が次に来る大々的なIT革命を引っ張って行くだろう。それもそのはずで、ブロックチェーン技術は既に多様な分野で活用されている」と説明した。

ウォズニアック氏が仮想通貨やブロックチェーンに対して肯定的な発言をしたのは今回が初めてではない。ウォズニアック氏は昨年10月に米国ラスベガスで開かれた「Money20/20」のカンファレンスでもビットコインが金や米ドルよりも良いと評価した事がある。

当時、同氏は発行量が制限されている点をビットコインの最大の長所として挙げ、「中央銀行がいくらでも新しく刷り出せるドルとは違う」と説明した。しかし、「投資家として毎日の様に価格変動を見ていたくはなかったので、保有していたビットコインは1枚を残して全て売った」と付け加えた。

スクエア最高経営者(CEO)のジャック・ドーシー氏もこの日、ニューヨーク・ブロックチェーン・ウィークの代表カンファレンスである「コンセンサス」の演説で、「インターネットが独自の通貨を持つ必要があるのだが、ビットコインがその役割を果たす事を願う」と強調した。また「仮想通貨がグローバル決済の合法的な手段として認められる様にスクエアが先鋒的な役割を務めていく」と付け加えた。

スクエアはツイッター共同創業者であるドーシー氏が2009年に創業したオンライン決済サービス企業。1月に自社の送金・決済用のキャッシュというアプリ(応用プログラム)を通じた仮想通貨取引を開始している。

翻訳:水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  2. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  3. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  4. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…
  5. 初心者でも世界を相手にした貿易ビジネスに飛び込めるという、グローバル貿易情報提供プラットフォームが公…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »