グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする主張が提起された。

国際環境保護団体グリーンピースのソウル事務所は7日、フェイスブックに「日本の安倍内閣は福島第一原発の敷地に保管されている高濃度の放射能汚染水111万トン以上を海に放流しようとしている」と、「福島近海のみならず太平洋沿岸の国家にまで危険が及ぶ犯罪行為」だと記した。

また「グリーンピースはこの事を監視し阻止するため、福島近海で放射能の数値を継続的に調査し、福島の住民と協力して反対キャンペーンを行っている」と、原子力分野の専門家であるグリーンピース首席ショーン・バーニー氏がエコノミスト誌の最新号に寄稿した「福島放射能汚染水に韓国が晒される危険性高まる」との記事をシェアした。

バーニー首席は寄稿文で「安倍内閣と東京電力が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画を進めている」と、「特に韓国はこの事の危険性から免れるのは難しい」と主張している。

同氏は「汚染水100万トンを海に流すのならば、17年間に渡って7億7000万トンの水を注いで希釈しなければならない」と、「汚染水が海流に乗って海を循環する事になるので、太平洋沿岸の国家も放射性物質に晒される可能性がある」と話した。

更に「東京電力は過去8年間、汚染水を処理しようと努力しているが、その都度失敗している」と、「安倍内閣は汚染水の危機について一言も発しておらず、不利なニュースが出ると説明を放棄してすっかり沈黙してしまう」と批判した。

また「国際海洋投棄防止協約があるものの、日本政府が福島の様に陸上からの放射能汚染水放出を行う場合は防ぐ事は出来ない」と、「福島第一原発の汚染水について、安倍内閣が沈黙している事は容認出来ない姿勢」だと強調した。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »