グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする主張が提起された。

国際環境保護団体グリーンピースのソウル事務所は7日、フェイスブックに「日本の安倍内閣は福島第一原発の敷地に保管されている高濃度の放射能汚染水111万トン以上を海に放流しようとしている」と、「福島近海のみならず太平洋沿岸の国家にまで危険が及ぶ犯罪行為」だと記した。

また「グリーンピースはこの事を監視し阻止するため、福島近海で放射能の数値を継続的に調査し、福島の住民と協力して反対キャンペーンを行っている」と、原子力分野の専門家であるグリーンピース首席ショーン・バーニー氏がエコノミスト誌の最新号に寄稿した「福島放射能汚染水に韓国が晒される危険性高まる」との記事をシェアした。

バーニー首席は寄稿文で「安倍内閣と東京電力が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画を進めている」と、「特に韓国はこの事の危険性から免れるのは難しい」と主張している。

同氏は「汚染水100万トンを海に流すのならば、17年間に渡って7億7000万トンの水を注いで希釈しなければならない」と、「汚染水が海流に乗って海を循環する事になるので、太平洋沿岸の国家も放射性物質に晒される可能性がある」と話した。

更に「東京電力は過去8年間、汚染水を処理しようと努力しているが、その都度失敗している」と、「安倍内閣は汚染水の危機について一言も発しておらず、不利なニュースが出ると説明を放棄してすっかり沈黙してしまう」と批判した。

また「国際海洋投棄防止協約があるものの、日本政府が福島の様に陸上からの放射能汚染水放出を行う場合は防ぐ事は出来ない」と、「福島第一原発の汚染水について、安倍内閣が沈黙している事は容認出来ない姿勢」だと強調した。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »