グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする主張が提起された。

国際環境保護団体グリーンピースのソウル事務所は7日、フェイスブックに「日本の安倍内閣は福島第一原発の敷地に保管されている高濃度の放射能汚染水111万トン以上を海に放流しようとしている」と、「福島近海のみならず太平洋沿岸の国家にまで危険が及ぶ犯罪行為」だと記した。

また「グリーンピースはこの事を監視し阻止するため、福島近海で放射能の数値を継続的に調査し、福島の住民と協力して反対キャンペーンを行っている」と、原子力分野の専門家であるグリーンピース首席ショーン・バーニー氏がエコノミスト誌の最新号に寄稿した「福島放射能汚染水に韓国が晒される危険性高まる」との記事をシェアした。

バーニー首席は寄稿文で「安倍内閣と東京電力が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画を進めている」と、「特に韓国はこの事の危険性から免れるのは難しい」と主張している。

同氏は「汚染水100万トンを海に流すのならば、17年間に渡って7億7000万トンの水を注いで希釈しなければならない」と、「汚染水が海流に乗って海を循環する事になるので、太平洋沿岸の国家も放射性物質に晒される可能性がある」と話した。

更に「東京電力は過去8年間、汚染水を処理しようと努力しているが、その都度失敗している」と、「安倍内閣は汚染水の危機について一言も発しておらず、不利なニュースが出ると説明を放棄してすっかり沈黙してしまう」と批判した。

また「国際海洋投棄防止協約があるものの、日本政府が福島の様に陸上からの放射能汚染水放出を行う場合は防ぐ事は出来ない」と、「福島第一原発の汚染水について、安倍内閣が沈黙している事は容認出来ない姿勢」だと強調した。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 10月13日に25歳の誕生日を迎える、世界的な人気を誇るBTSのジミン。世界各地のARMY(BTSの…
  2. 「大久保まつり」が10月14日に開催される。場所は例年通りにJR新大久保駅から大久保2丁目交差点まで…
  3. サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の…
  4. 米航空機メーカーのボーイング社と独自動車メーカーのポルシェが「空飛ぶ電気自動車」を共同開発することで…
  5. 曹国(チョ・グク)法務部長官任命から1ヶ月が経過したものの依然として賛否論争は激しく、文在寅大統領と…

おすすめ記事

  1. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  2. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  3. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
ページ上部へ戻る