グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

グリーンピース、「日本が海に放射能汚染水100万トン放流計画だ」

日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする主張が提起された。

国際環境保護団体グリーンピースのソウル事務所は7日、フェイスブックに「日本の安倍内閣は福島第一原発の敷地に保管されている高濃度の放射能汚染水111万トン以上を海に放流しようとしている」と、「福島近海のみならず太平洋沿岸の国家にまで危険が及ぶ犯罪行為」だと記した。

また「グリーンピースはこの事を監視し阻止するため、福島近海で放射能の数値を継続的に調査し、福島の住民と協力して反対キャンペーンを行っている」と、原子力分野の専門家であるグリーンピース首席ショーン・バーニー氏がエコノミスト誌の最新号に寄稿した「福島放射能汚染水に韓国が晒される危険性高まる」との記事をシェアした。

バーニー首席は寄稿文で「安倍内閣と東京電力が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画を進めている」と、「特に韓国はこの事の危険性から免れるのは難しい」と主張している。

同氏は「汚染水100万トンを海に流すのならば、17年間に渡って7億7000万トンの水を注いで希釈しなければならない」と、「汚染水が海流に乗って海を循環する事になるので、太平洋沿岸の国家も放射性物質に晒される可能性がある」と話した。

更に「東京電力は過去8年間、汚染水を処理しようと努力しているが、その都度失敗している」と、「安倍内閣は汚染水の危機について一言も発しておらず、不利なニュースが出ると説明を放棄してすっかり沈黙してしまう」と批判した。

また「国際海洋投棄防止協約があるものの、日本政府が福島の様に陸上からの放射能汚染水放出を行う場合は防ぐ事は出来ない」と、「福島第一原発の汚染水について、安倍内閣が沈黙している事は容認出来ない姿勢」だと強調した。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. インドネシアのスマトラ島のアチェ特別自治州で、不倫などの疑いで公開むち打ち刑を受けた男性と女性が刑…
  2. 2019年に最も大幅の上昇を見せた仮想通貨はバイナンスコイン(BNB)であることが分かった。8日(現…
  3. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  4. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  5. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る