「米国経済は今年3%成長」

「米国経済は今年3%成長」  ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが予想

米国経済が期待以上の成長率と雇用率を見せる中、世界的な投資銀行が今年の米国経済成長率を上方修正した。

米経済専門テレビ局CNBCは6日、ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが今年の米国経済成長率の予測を米政府の予測値と同じ、3%以上に上方修正したと報じた。

但し、両社ともに米経済成長の流れは長くは続かないと見ている。報道によると、米国経済成長率は来年以降、グローバル金融危機による景気沈滞が公式に終了した、2009年6月以降の年平均成長率2%台に戻る可能性もある。米国政府の減税策など、景気刺激策の効果が次第に弱まるためだ。

ゴールドマン・サックスは昨年11月まで、今年の米国経済を2.5%の成長と予測していたが、これを3.15%に、来年度の成長率は当初の1.75%から2%に上方修正した。また失業率が2020年には3%と、1953年以降の最低水準まで下がると分析した。

貿易戦争による被害は限られると見ている。ゴールドマン・サックスのチーフ・エコノミスト、ヤン・ハチウス氏は顧客に宛てたノート(報告書)で、「米国の関税付加によって引き起こされた貿易戦争は、長期的には間違いなくネガティブな事かもしれないが、短期的にはポジティブな結果をもたらすだろう」と楽観している。

モルガン・スタンレーも今年の米国国内総生産(GDP)を当初の2.5%から上方修正し、3%の成長と見ている。モルガン・スタンレーのエコノミスト、エレン・ゼントナー氏は、「第2四半期の米国GDPは国内経済活動が期待以上の活発さを見せており、同期間の米国の貯蓄率が3%から7%に上昇した事も今後の更なる成長の可能性を見せている」と説明した。

また今月7日に発表された非農業部門の就業者数は15万7000人で予測値には及ばなかったものの、5~6月に5万9000人の雇用が増えて再調整された点に注目し、「高賃金部門での雇用が増えつつあり、長く続いていた賃金上昇の不振を解消する援軍となるだろう」と語った。

ハチウス氏とゼントナー氏はともに、米国経済が上げ潮ムードであるため、米国連邦準備制度の通貨政策は緩和や引締めではなく、中立的な金利水準を保つと予想した。

特にハチウス氏は、「連邦準備制度が12月の連邦公開市場委員会(FOMC)会議で、金利引き上げを保留すると一部の専門家らは見ているが、引き上げを決定するだろう」と明らかにした。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 写真は朝鮮中央通信のホームページから 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「…
  2. 22日午後1時17分。126代天皇の即位礼正殿の儀が行われた皇居宮殿松の間。高さ6m50cm、縦横6…
  3. 一連の疑惑で韓国検察の捜査を受けているチョ・グク前法相の妻、チョン・ギョンシム氏が23日、拘束令状の…
  4. 中国仮想通貨投資界の女王と呼ばれるドビー・ワン(Dovey Wan)氏が韓国の仮想通貨市場に対する見…
  5. ソウル・鴨鴎亭(アックジョン)地域を代表する日本食文化空間「Kappo CHIYU」が10月10日、…

おすすめ記事

  1. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  2. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
  3. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  4. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  5. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
ページ上部へ戻る