「米国経済は今年3%成長」

「米国経済は今年3%成長」  ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが予想

米国経済が期待以上の成長率と雇用率を見せる中、世界的な投資銀行が今年の米国経済成長率を上方修正した。

米経済専門テレビ局CNBCは6日、ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが今年の米国経済成長率の予測を米政府の予測値と同じ、3%以上に上方修正したと報じた。

但し、両社ともに米経済成長の流れは長くは続かないと見ている。報道によると、米国経済成長率は来年以降、グローバル金融危機による景気沈滞が公式に終了した、2009年6月以降の年平均成長率2%台に戻る可能性もある。米国政府の減税策など、景気刺激策の効果が次第に弱まるためだ。

ゴールドマン・サックスは昨年11月まで、今年の米国経済を2.5%の成長と予測していたが、これを3.15%に、来年度の成長率は当初の1.75%から2%に上方修正した。また失業率が2020年には3%と、1953年以降の最低水準まで下がると分析した。

貿易戦争による被害は限られると見ている。ゴールドマン・サックスのチーフ・エコノミスト、ヤン・ハチウス氏は顧客に宛てたノート(報告書)で、「米国の関税付加によって引き起こされた貿易戦争は、長期的には間違いなくネガティブな事かもしれないが、短期的にはポジティブな結果をもたらすだろう」と楽観している。

モルガン・スタンレーも今年の米国国内総生産(GDP)を当初の2.5%から上方修正し、3%の成長と見ている。モルガン・スタンレーのエコノミスト、エレン・ゼントナー氏は、「第2四半期の米国GDPは国内経済活動が期待以上の活発さを見せており、同期間の米国の貯蓄率が3%から7%に上昇した事も今後の更なる成長の可能性を見せている」と説明した。

また今月7日に発表された非農業部門の就業者数は15万7000人で予測値には及ばなかったものの、5~6月に5万9000人の雇用が増えて再調整された点に注目し、「高賃金部門での雇用が増えつつあり、長く続いていた賃金上昇の不振を解消する援軍となるだろう」と語った。

ハチウス氏とゼントナー氏はともに、米国経済が上げ潮ムードであるため、米国連邦準備制度の通貨政策は緩和や引締めではなく、中立的な金利水準を保つと予想した。

特にハチウス氏は、「連邦準備制度が12月の連邦公開市場委員会(FOMC)会議で、金利引き上げを保留すると一部の専門家らは見ているが、引き上げを決定するだろう」と明らかにした。

翻訳︰水野卓

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る