日常に根付く仮想通貨決済

【写真】フューズX(FuzeX)が開発中の仮想通貨決済カードが今年度の第3四半期中に公開される予定だ。

日常に根付く仮想通貨決済

-仮想通貨決済「コインダック(COINDUCK)」 食料品、衣類、ガソリンスタンドなど韓国国内500ヶ所以上に加盟店確保
‐イオスやビッサムキャッシュ‘準備中’ 価格変動が依然として課題

「仮想通貨で支払います」

最近、裁判所が仮想通貨を財産として認める判決を下し、仮想通貨の機能を公式に認定した。そんな中、仮想通貨を品物やサービスと交換する実際の通貨のように利用しようという動きも急速に広がっている。未だに激しい価格変動など解決しなければならない問題も残されてはいるものの、既にいくつかの企業が加盟店を確保し、仮想通貨決済サービスを始めている。仮想通貨決済がクレジットカードのようにオンライン決済のみならず、オフライン決済でも利用出来るかに関心が集まっている。

関連業界によれば、年初から仮想通貨を利用した決済サービスが続々と登場し、仮想通貨で実際に品物を購入したり、サービスの提供を受けたりする商店が増えている。仮想通貨決済の始まりは2010年に遡る。米国に住むあるビットコイン所有者が、ピザ2枚を注文してくれれば、1万ビットコインを贈るという提案をしたのだ。提案をしてから4日目になる2010年5月22日、この提案者はピザを受け取った。これは仮想通貨を利用した最初の物品取引だ。

■飲食店やカクテルバーでの決済はもちろん、電子商取引でも仮想通貨決済導入へ
8年が過ぎた現在、仮想通貨決済は韓国国内のあちこちで可能になった。ブロックチェーン・カンパニービルダー、チェーンパートナースのコインダック(COINDUCK)はオン・オフラインの仮想通貨決済サービスだ。今年1月4日に始まったこのサービスは既に韓国国内500ヶ所以上の加盟店を確保している。飲食店や衣料品店、カクテルバーやガソリンスタンドなど様々な分野の加盟店がコインダックと提携している。

加盟店数は引き続き増加する見通しで、使用出来る仮想通貨の種類も拡大している。5月1日には新規に登場したブロックチェーン・プラットフォーム「イオス」の仮想通貨「イオス(EOS)」を決済通貨として提供すると明らかにした。

コインダック以外にも仮想通貨を決済手段として活用しようという試みは続いている。仮想通貨取引所ビッサムの「ビッサムキャッシュ(Bithumb Cash)」は仮想通貨を利用してオフラインの売り場でも決済出来るようにしている。既に一部の加盟店は試験サービスの形でビッサムキャッシュ決済を提供している。

また韓国を代表するショッピングモールの「ウィメプ」と宿泊予約アプリケーションの「ヨギオッテ」はビッサムと提携し、仮想通貨決済サービスを導入する予定だと明らかにしている。ビッサムの関係者は「年内に仮想通貨決済加盟店を韓国国内で8000ヶ所以上に増やしていく計画だ」と説明した。

■第3四半期中にクレジットカードに仮想通貨決済機能が組み込まれる事も
最初からクレジットカードに仮想通貨決済機能を組み込もうという企業もある。フューズX(FuzeX)は第3四半期中に仮想通貨カードをグローバル市場に公開する計画だ。この仮想通貨カードの特徴はQRコードと為替レートのように仮想通貨の情報をリアルタイムで表示する電子ペーパー・ディスプレイが搭載されたことだ。

利用者は自身が保有する仮想通貨と為替レートをこのディスプレイでリアルタイムに確認し、決済する仮想通貨を選ぶことが出来る。

業界のある専門家は「仮想通貨のオフライン決済は2013年の100億ウォン水準から昨年の2000億ウォン超の水準まで急増している」とし、「但し仮想通貨の激しい価格変動は仮想通貨決済の足を引っ張っているだけに、この価格変動を最小化できる方法を見出すことができれば仮想通貨決済がより広く利用されるだろう」と話した。

翻訳:水野卓

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »