ウーバー、3度目のリストラ断行…350人解雇へ

ウーバー、3度目のリストラ断行…350人解雇へ

米配車大手ウーバーが3度目のリストラを断行する。ウーバー側は今回の解雇が最後の人員削減の段階になると伝えた。

14日(現地時間)、ウォール・ストリート・ジャーナルなど海外メディアによると、ウーバーはこの日、350人を追加で人員削減する計画だと明らかにした。人員削減の対象はマーケティングや安全部門、車両・搭乗プラットフォーム部門、自律走行部門、食品配送サービスであるウーバーイーツなどだ。

これでウーバーは5月の上場以来、7月に400人、9月に435人を解雇したのに続いて3度目のリストラ措置を断行した。最近3ヶ月の間で約1200人の人員を削減したことになる。全体の従業員2万2260人の約1.5%程度の人員だ。

同社の最高経営責任者(CEO)ダラ・コスロシャヒ氏は全従業員に送った電子メールで、「私たちは最近、組織の構造調整について綿密に検討してきた。大変な作業だが、必要な変化」とし「私と経営陣は、今後このようなことがまた発生しないように最善を尽くしていく」と述べた。

一方、ウーバーのリストラ断行ニュースが伝えられた後、米株式市場で同社の株価は約4%上昇した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ドナルド・トランプ米大統領が1段階の米中貿易合意に署名した。ブルームバーグ通信が12日(現地時間)、…
  2. 11日(現地時間)、ビットコイニストによると、同社のジャック・ドーシーCEOは「脱中央型SNSを開発…
  3. 先月27日、UPbitから流出した580億ウォン(約53億円)相当の仮想通貨が事件発生後の2週間で1…
  4. 「逃亡犯条例」改定案への反対で始まった「香港デモ」の参加者らが、米時事週刊誌タイムの読者が選んだ「今…
  5. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…

おすすめ記事

  1. 香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポストが最近、韓国で老若男女を問わず人気の韓国教育専門放送局EB…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  4. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
ページ上部へ戻る