フェイスブックの「リブラ」、2番目の開発ロードマップ発表

■リブラ、2番目の開発ロードマップ発表

リブラ協会がリブラの中核開発計画を盛り込んだ2番目の開発ロードマップを公開した。今年10月に最初のロードマップを発表した以来、2ヶ月ぶりだ。

ザブロックなど海外メディアによると、19日(現地時間)に発表された2番目のロードマップは、メインネットの開発を中核課題として選定した。このため、△メインネットに必要な各種機能の開発△メインネット操作のための事前準備段階(Pre-mainnet)構築△コミュニティへの参加を促すための支援策作りを進める計画だ。

リブラは2020年の下半期に正式リリースすることを目標にしている。

■米経済誌「フォーブス」、イーサリアムでの購読料支払いを追加

米経済紙「フォーブス」がオンライン購読者のための支払いオプションにイーサリアム決済を追加した。フォーブスのオンライン購読料は、イーサリアム基準で月に0.0208ETH(約280円)で、決済した後は代替不可トークン(NFT)の形で購読権が与えられる。

■フランス金融当局、仮想通貨ICOを初承認

フランスの金融当局が史上初めて仮想通貨ICO(新規コイン公開)を承認した。ビットコインドットコムが19日(現地時間)、報じた。

フランスの金融市場庁(AMF)が承認した対象は「French-ICO」というプロジェクトで、2020年3月1日から6月1日までにICOを行うことができる。AMFは、今回の承認が発行会社ではなく、ICOプロジェクト自体への承認という点を強調した。

今回のICO承認は、4月に制定されたフランスの仮想通貨規制法案(PACTE)に基づいたもので、マクロン政権はブロックチェーン産業振興に積極的に乗り出している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  2. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  3. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  4. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…
  5. 韓国中央防疫対策本部は、クリスマスとなる25日0時基準で新型コロナウイルスの新たな感染者が1241…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »