フェイスブックの「リブラ」、2番目の開発ロードマップ発表

■リブラ、2番目の開発ロードマップ発表

リブラ協会がリブラの中核開発計画を盛り込んだ2番目の開発ロードマップを公開した。今年10月に最初のロードマップを発表した以来、2ヶ月ぶりだ。

ザブロックなど海外メディアによると、19日(現地時間)に発表された2番目のロードマップは、メインネットの開発を中核課題として選定した。このため、△メインネットに必要な各種機能の開発△メインネット操作のための事前準備段階(Pre-mainnet)構築△コミュニティへの参加を促すための支援策作りを進める計画だ。

リブラは2020年の下半期に正式リリースすることを目標にしている。

■米経済誌「フォーブス」、イーサリアムでの購読料支払いを追加

米経済紙「フォーブス」がオンライン購読者のための支払いオプションにイーサリアム決済を追加した。フォーブスのオンライン購読料は、イーサリアム基準で月に0.0208ETH(約280円)で、決済した後は代替不可トークン(NFT)の形で購読権が与えられる。

■フランス金融当局、仮想通貨ICOを初承認

フランスの金融当局が史上初めて仮想通貨ICO(新規コイン公開)を承認した。ビットコインドットコムが19日(現地時間)、報じた。

フランスの金融市場庁(AMF)が承認した対象は「French-ICO」というプロジェクトで、2020年3月1日から6月1日までにICOを行うことができる。AMFは、今回の承認が発行会社ではなく、ICOプロジェクト自体への承認という点を強調した。

今回のICO承認は、4月に制定されたフランスの仮想通貨規制法案(PACTE)に基づいたもので、マクロン政権はブロックチェーン産業振興に積極的に乗り出している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »