中国の肺炎集団感染は「新型コロナウイルス」

中国の湖北省武漢市で集団発生したウイルス性肺炎の原因は、「新型コロナウイルス」だと調査チームが暫定判断した。正確な分析には病原体分離など数週間の調査が必要で、薬物と治療法を見つけるには数年かかると伝えられている。ただ人から人への感染事例がまだ確認されておらず、死亡者も出ていないため、過度に懸念する必要はないという意見も出ている。

中国情勢に詳しい消息筋は9日、「中国保健当局の初期調査の結果、新型コロナウイルスであることが判明した」とし「中国はこのような内容の公文書を韓国をはじめ、台湾など各国に送っている」と述べた。

中国中央放送(CCTV)も同日、このような内容を報道。CCTVによると、専門家らが病の原因を見つけるためにウイルス分離などを実施した結果、患者15人から新型コロナウイルス陽性反応が出た。

現在までに発見されたコロナウイルスは、4種の一般的な呼吸器疾患、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)など計6種。人がコロナウイルスに感染すると鼻水、咳、熱などの症状が現れる。また、咳やくしゃみを介しても伝染される。武漢市で発生したウイルス性肺炎は従来のコロナウイルスとは異なる種で、現在まで人から人への感染事例は確認できていない。

中国保健当局は正確な分析のためには数週間の研究が必要だと説明している。新たに発見された病原体の治療薬や治療法を見つけるには通常数年がかかる。

消息筋は「普通の風邪も10〜20%はコロナウイルス」とし「重要なことは人に感染されるかで、コロナウイルスだとしても全部が深刻なのではない」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »