拡散するウイルス性肺炎… WHOも警戒

中国の湖北省武漢市で発生したウイルス性肺炎の感染事例が香港、台湾に続き、タイでも確認されるなど、徐々に広がる様相だ。中国の保健当局は、人から人への感染がまだ発見されておらず、深刻なレベルではないと主張するが、不安感は高まっている。中国保健当局の対応について好評してきた世界保健機関(WHO)も、「緊急会議の招集」を示唆するなど警戒レベルを高めた。

タイの保健当局は14日、中国・武漢市からタイ・バンコクに入国した61歳の中国人女性が新型コロナウイルスによる肺炎に感染したことを確認したと発表した。今月8日にバンコクに入国した同女性は、入国当時から発熱の症状を見せ、隔離治療を受けてきた。現在は回復中だという。また、同じ飛行機に乗ってきた16人に対しても検査を行ったが、異常症状は発見されなかったと発表した。

新型コロナウイルスへの警戒感が高まる中、WHOは13日(現地時間)、「ウイルスが中国の外に拡散する可能性は予想外のことではない」としながらも「事務総長が主宰する緊急委員会を招集することもできる」との声明を発表した。WHOのこのような反応はこれまでと多少の違いがある。WHOは、武漢市に旅行警報第1段階を発令した米国とは異なり、「制限する必要がない」と語るなど比較的に深刻な態度を見せなかった。

これに先立ってWHOは今月9日、武漢市で集団発生した原因不明のウイルス性肺炎を調査した結果を発表し、「新型コロナウイルス」と判定した。新型コロナウイルスが原因と推定される今回の肺炎で、中国では41人の患者が発生し、このうち61歳の男性が死亡した。また、重篤な状態である7人のうち1人は12日、病状が好転し退院した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »