AI診断が本格化?Googleの人工知能が眼科医より正確に診断

AI診断が本格化? Googleの人工知能、眼科医より正確に診断

グーグル(Google)が人工知能(AI)を活用し眼を診断する技術を本格的に導入する見込みだ。

ファイナンシャル・タイムズ(FT)は13日、グーグルのAI開発チーム「ディープマインド(DEEP MIND)」が2月に開発したと発表している技術を利用して臨床検査を計画していると報じた。また、AIによる実際の診断では眼科医よりも正確な診断結果を得たことがわかった。

グーグルは今年2月、ロンドン・ムアフィールズ・眼科(moorfield eye hospital london)と提携し、撮影した網膜の3次元(3D)画像を分析することで、緑内障や糖尿病性網膜症などの眼疾患を検出できるAI技術を開発したと発表した。

13日、医学専門誌ナチュラルメディシンにはムアフィールズ眼科でディープマインドのアルゴリズムを利用し997人の患者を診断した内容が掲載された。その結果、網膜専門眼科医8人よりも正確な診断を下したことがわかった。

ディープマインドの誤診率は5.5%で、専門医8人の誤診率は6.7〜24.15%と高い数値を記録した。

論文を執筆したムアフィールズ眼科の相談医ピアス・キーン氏は「撮影した眼球を医者が読み解く場合、数日がかかるため患者が待機する必要があったのに対し、AIは即診断が可能なところが長所」と説明した。

また「とても具体的で現実に合わせたアルゴリズムを作り出した」とし、「3年内にAIがイギリスの国民保健サービス(NHS)に導入されれば、多くの患者が恩恵を受けられる」と見込んだ。

グーグルはディープマインドのアルゴリズム開発のため、ムアフィールズ眼科が提供した3D網膜画像1万4884枚を分析した。また開発の透明性のため、模型を把握し画像や文字などのデータを分析・予測する二つの人工神経回路網が使われたという。

ファイナンシャル・タイムズによると、ディープマインドは一つの人工神経回路網で眼球の感染部位を検診。他の人工神経回路網で医師に病名を告知し、次の措置を提案する。

ディープマインドの保健担当研究を率いているドミニク・キング氏は、「(AIは)ロンドン所在の大学らとともに放射線治療とマンモグラフィーの研究で提携している。これらの研究も良い結果を得られると期待している」と述べた。

一方、ある調査でディープマインドがNHSとの提携により、巨大な利益をあげる可能性があると指摘したことについて、キング氏は「診察技術を発展させ、NHSの費用を大きく削減できる効果がある」と反論した。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. -日本最大500以上の企業が出展- (社)済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔滄勳)は、日本…
  2. 北朝鮮の金正恩国務委員長の妹であり北朝鮮のナンバー2としても知られる金与正氏が朝鮮労働党中央委員会…
  3. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  4. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  5. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »