[fnコラム]”ジャパンスクール”の没落

[fnコラム]”ジャパンスクール”の没落

韓国外交部内に若手の日本専門家不足が起こりそうだ。最近では駐日韓国大使館に勤務する外交官を募集したところ、応募者未達により再募集まで行われた始末。かつては人気勤務地の中のひとつだった日本は、いつの間にか不人気地となってしまった状況だ。

2000年代以前までは「ジャパンスクール(日本研修や勤務経歴がある外交官の通称)」は「ワシントンスクール」に次ぐ程だった。
知日派の外交長官も度々輩出している。金東祚(キム・ドンジョ)、李相玉(イ・サンオク)、孔魯明(コン・ノミョン)前長官などがその代表格。しかし現在では駐日大使の李洙勳(イ・スフン)も日本通ではない。「ジャパンスクール」没落の兆しが感じられる根拠となっている。

これについて韓国外交部は、「育児休暇などで本部勤務のスタッフが減り、主要な公館でも全体的に支援スタッフが減ったせい」と説明している。パリにある経済協力開発機構(OECD)代表部でも志願者が1人もいなかったとし、「これは日本だけの問題ではない」と説明した。

しかし、「日本は敏感な問題で苦労ばかりして、良い評価を得られない勤務地だ」とする、ある元外交官の告白がより率直に聞こえる。実際に現政権になって、「ジャパンスクール」の外交官らは日韓慰安婦合意に関わったという理由で、人事面での不利益を受ける事もあった。

ふと、「国際政治の舞台で永遠の敵も、永遠の味方もない」という言葉が思い浮かんだ。領土や歴史問題で距離を置いていた、日本の安倍晋三総理と習近平中国国家首席が25日、北京で首脳会談を行うとのニュースに接したからだ。見ようによっては、文在寅政権が国内政治的に根深い「反日感情」に便乗し、日本と壁を作る事は楽な選択なのかもしれない。しかし日本の強みを最大限把握し、いつの日か追い越そうという、「克日」の姿勢がより懸命なのは言わずもがなだ。

そのような意味で、日本の官民が済州島のオルレギル(観光トレッキングコース)を地道に研究し、「九州オルレ」を開発したケースが参考になるだろう。このような緻密な努力を積み重ねた事で、外国人観光客誘致の日韓戦で、数年前から日本が再逆転しているのではないかと思う。よってどんな理由であれ、日本通の外交専門家の系譜が途絶えるという事は、長期的には国益を害する事になるだろう。

ク・ボンヨン論説委員
(翻訳:水野卓)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  2. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…
  3. 韓国銀行は28日、金融通貨委員会で政策金利を引き下げた。これは韓国経済の成長鈍化に対する憂慮が高まっ…
  4. 10億ドル以上の仮想通貨を保有する、「クジラ」と呼ばれる大口投資家らが最近、ビットコインを買い集めて…
  5. 3月23日にトレーダー2人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、立会場を全面閉鎖したニューヨーク証券…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »