[fnコラム]”ジャパンスクール”の没落

[fnコラム]”ジャパンスクール”の没落

韓国外交部内に若手の日本専門家不足が起こりそうだ。最近では駐日韓国大使館に勤務する外交官を募集したところ、応募者未達により再募集まで行われた始末。かつては人気勤務地の中のひとつだった日本は、いつの間にか不人気地となってしまった状況だ。

2000年代以前までは「ジャパンスクール(日本研修や勤務経歴がある外交官の通称)」は「ワシントンスクール」に次ぐ程だった。
知日派の外交長官も度々輩出している。金東祚(キム・ドンジョ)、李相玉(イ・サンオク)、孔魯明(コン・ノミョン)前長官などがその代表格。しかし現在では駐日大使の李洙勳(イ・スフン)も日本通ではない。「ジャパンスクール」没落の兆しが感じられる根拠となっている。

これについて韓国外交部は、「育児休暇などで本部勤務のスタッフが減り、主要な公館でも全体的に支援スタッフが減ったせい」と説明している。パリにある経済協力開発機構(OECD)代表部でも志願者が1人もいなかったとし、「これは日本だけの問題ではない」と説明した。

しかし、「日本は敏感な問題で苦労ばかりして、良い評価を得られない勤務地だ」とする、ある元外交官の告白がより率直に聞こえる。実際に現政権になって、「ジャパンスクール」の外交官らは日韓慰安婦合意に関わったという理由で、人事面での不利益を受ける事もあった。

ふと、「国際政治の舞台で永遠の敵も、永遠の味方もない」という言葉が思い浮かんだ。領土や歴史問題で距離を置いていた、日本の安倍晋三総理と習近平中国国家首席が25日、北京で首脳会談を行うとのニュースに接したからだ。見ようによっては、文在寅政権が国内政治的に根深い「反日感情」に便乗し、日本と壁を作る事は楽な選択なのかもしれない。しかし日本の強みを最大限把握し、いつの日か追い越そうという、「克日」の姿勢がより懸命なのは言わずもがなだ。

そのような意味で、日本の官民が済州島のオルレギル(観光トレッキングコース)を地道に研究し、「九州オルレ」を開発したケースが参考になるだろう。このような緻密な努力を積み重ねた事で、外国人観光客誘致の日韓戦で、数年前から日本が再逆転しているのではないかと思う。よってどんな理由であれ、日本通の外交専門家の系譜が途絶えるという事は、長期的には国益を害する事になるだろう。

ク・ボンヨン論説委員
(翻訳:水野卓)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  2. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  3. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  4. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  5. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
ページ上部へ戻る
Translate »